2014.03.17 Monday

世紀の日本画(後期)@トビカン

日本美術院再興100年特別展「世紀の日本画」を、東京都美術館で前期につづいて後期もみた。 
前期が圧巻の展示だったので、後期にも期待していたが、個人的な好みでいえばイマイチだった。もちろん、安田靫彦《御産の褥》小林古径《孔雀》小茂田青樹《虫魚画巻》など、すばらしい作品もあったが。前期がすごすぎたのかもしれない。

今回の訪問で惹かれたのは、冨田溪仙《許栖岩(列仙のうち》前田青邨《知盛幻生》。前者はもやもやっとして一見、馬以外がなんだかわからなかったけど、異界との境界みたいな雰囲気に吸い込まれた。後者は、全体を覆う緊迫感、とくに海の描写に異様な迫力が漲っていて、そのエネルギーが流れでてくるようだった。

小林古径_孔雀

前期後期ともにそれぞれ1回入れ替えがあったので、すべてはみられなかったけど、これだけの作品をよくぞ集めてくれたと感謝。短いですが、記録まで。

2014.03.02 Sunday

宗達を検証する(9)養源院の襖絵「松岩図」・杉戸絵「白象図ほか」

連続講座「宗達を検証する」第9回 講師:林進
重要文化財 養源院の襖絵「松岩図」・杉戸絵「白象図ほか」―制作の依頼者、趣旨、制作年についてー
2月22日 於:Bunkamura B1特設会場

今回は忘れないうちにさっさと仕上げてしまいましょう。
第9回のテーマは、俵屋宗達の大画面作品である屏風絵・襖絵・杉戸絵の制作時期がいつで制作意図は何なのかということ。山根有三説などと比較しながら検討する。

宗達が法橋に叙位された時期。山根有三は寛永元年(1624)頃(養源院再建のあと)、水尾比呂志は元和元年(1615)前後(嵯峨本料紙の評価)、山川武は元和八年(1622)(養源院再建のあと)、林進は寛永七年(1630)(本朝文粋刊行後)。水尾と林では15年の開きがある。

大画面作品の制作時期を山根有三と林進の説で比較する(講師参考資料を元に管理人が作成)
宗達大画面制作時期

林進説は山根有三が骨子をつくり、受け継がれている宗達研究をいわばちゃぶ台返しするものである(本人談)。山根説は絵の様式を強く意識している。

  • 養源院は淀君が父浅井長政ら浅井一族の菩提を弔うため長政二十一回忌に当たる文禄三年(1594)に豊臣秀吉に頼んで建立、長政の法号養源院を寺号とした。元和元年(1619)に火災により焼失したが同七年、淀君の妹、徳川秀忠夫人(江、崇源院)により再興された。養源院に現存する宗達の襖絵・杉戸絵は宗達研究で最重要なものである。
  • 養源院本堂第五室(室中の間)は襖絵「松岩図」が取り囲むという特異な構成になっている。金地の画面いっぱいに地を這うような松の巨樹を描き、それに呼応する大小の岩を配置する。狩野派のような金碧障壁画と違って、空間の奥行きを表す遠山や池水、金運や土坡のモティーフはない。狩野派は金箔の奥にいろいろ描いて奥行きを表現するが、宗達は金箔の奥に何も描かない。遠景を描かないことで、むしろ手前にあるものを表現する。それは能舞台のように、現実的でないもの、法要を行う場所である室中に永遠性への祈りを込めた。「松岩図」は、潮が引いた浜辺・洲浜を表したもの、つまり宗達が繰り返し描いた無常観がモティーフである。
  • 養源院本堂南廂(西側)の杉戸絵「唐獅子図」二枚のうち左が正面を向くというあまりみられない構図だが、東大寺の金銅八角大燈籠の火袋に見る半肉彫の唐獅子の姿に通じるものがある。これらの裏面の「立つ波に水犀図」は従来麒麟といわれてきたが、水に棲む霊獣の水犀である。南廂(東側)の杉戸絵「白象図」「唐獅子図」も含めて、それぞれ二頭が円環する動きを見せており、これは二曲一双の屏風絵の構図を意識したもので、「風神雷神図屏風」と共通する。「唐獅子」は邪悪なものを防ぐもの、「水犀」は火除け、「白象」は仏をお守りする霊獣を表しており、どれも隙間なく画面いっぱいに描いて、災難や火を通さないことを示している。
  • 山根有三は、養源院再興に際して本堂襖絵を狩野派の絵師が担当したが、何らかの理由で完成に至らず、崇源院と関係があった呉服屋の雁金屋尾形宗柏の推薦により、本阿弥光悦と関係があった宗達が襖絵の制作を行うことになり、この功績により法橋が叙位されたと推察した。
  • 私は、養源院の襖絵と杉戸絵の造形的特徴は寛永十年頃に描かれた増田家本「伊勢物語図色紙」や「風神雷神図屏風」のそれと共通すると考える。崇源院七回忌の寛永九年には東福門院の要請により祖父浅井長政に従二位権中納言が追贈されており、養源院(長政)の追善として東福門院が改めて宗達に襖絵制作を命じたのではないだろうか。

    俵屋宗達_唐獅子図俵屋宗達_立つ波に水犀図俵屋宗達_白象図
今回は養源院再興と襖絵と杉戸絵の制作に迫った。東福門院が浅井長政を追善する目的で宗達に制作を依頼、そのことによって制作年が導かれるという論旨であった。次回の講座最終回、「風神雷神図屏風」と「伊勢物語図色紙」との関係においてさらに深められるのか、期待したい。

なんと、講座に参加して養源院絵葉書セットまでお土産にいただいてしまった。ありがたいことです。養源院は三十三間堂の東向いにあって、宗達の襖絵と杉戸絵が常時公開されているそうなので、三十三間堂観光のついでに訪れてみてはいかがでしょう。

2014.02.23 Sunday

宗達を検証する(8)「楊梅図屏風」の様式と主題

連続講座「宗達を検証する」第8回 講師:林進
紙本金地著色「楊梅(やまもも)図屏風」(個人蔵)の様式と主題 ―「一条兼遐(かねとお)書状[後水尾院勘返状]」に言う「楊梅之屏風」との関係―
1月18日 於:Bunkamura B1特設会場

まとめもせずにぼやぼやしているうちに次の第9回が終わってしまったので、もう忘却の彼方へと去ってしまったけども、テキストを頼りに第8回をどうにかやっつけたいと思います。
俵屋宗達_楊梅図屏風

  • 1998年に現れた「花木図屏風」。1939年に上野の日本美術協会で開かれた「東洋古美術展観」で彩色「流ニ秋草図屏風」として公開された作品。1999年から12年かけて修復された。現在個人蔵。
  • 落款・印章、書付もないが、白波を立てて流れる渓川の水の技法や筆法は宗達のものだ。楊梅の実の表現が印象深く、何か特別な意味があると考え、『楊梅図屏風』と名付けることにした。
  • 「醍醐家文書」の一通、「御せん丸宛 一条兼遐書状(後水尾院勘返状)」は次のようなもの。簡単に言うと「宗達がわたし(一条兼遐)に、屏風三双に下絵を描きつけ終えた、三双のうち『楊梅之図』はいち早く金箔を置き終えた、と言ってきた」という内容。
  • 屏風三双は、寛永7年の法橋叙位の返礼として三御所(明正天皇、後水尾院、東福門院)に進上するもので、このうち後水尾院から兼題として与えられたのが「楊梅之屏風」だったと考察する。狩野山雪が法橋叙位の御礼として、四御所に屏風四双を進上しているのと同様のケースと考えられる。御所からの注文のため落款等がない。
  • 「楊梅図屏風」の下地処理は「槇檜図屏風」(石川県立美術館蔵)と同じ、川波の均一で伸びやかな水墨線は「松島図屏風」(フリーア美術館蔵)の海波と同じ線質、なだらかな曲線の緑青土坡は「源氏物語図屏風・関屋図」(静嘉堂文庫美術館蔵)と同じ形。
  • 朝廷は素庵校訂古活字本『本朝文粋』を野野村知求(宗達の学者名か)が出版した功績に対する褒賞として1630年春に宗達に法橋を叙位したと考える。慣例となっている叙位への返礼は、中和門院の崩御と明正天皇の即位などの事情があって遅れたようだが、後水尾院は仙洞御所進上の屏風一双に自ら選んだ画題「楊梅」を金箔地に描くことを命じた。
  • 後水尾院は、亡き母、中和門院の好物であった楊梅の実を手向けの果実として追善するために、楊梅の兼題を宗達に与えたのではないだろうか。長く棚引く「紫(銀)の雲」は皇后の異称であり、弔いの意味がある。これを受けて宗達は、楊梅のモティーフを趣向(横筋)とし、直前に模写した海田采女本『西行法師行状絵詞』を「時代」(縦筋)として構想したのではないか。第一巻第一段に描かれた鳥羽殿の場面、第一番目の障子絵をみて西行が「初春の雪積りたる山の麓に谷河の流れたる所を見て」と詠んだ、その障子絵を再び屏風絵として絵画化したものである。
  • 1939年の「東洋古美術展観」では彩色「流ニ秋草図屏風」とともに「雑木林図屏風」が展示され、同図録に二つの屏風が同じページに単色図版で掲載された。この「雑木林図屏風」は、宗達工房作「樹林図屏風」(フリーア美術館蔵)等と構図が共通することから、「楊梅図屏風」の対として描かれた宗達作品と考える。名付けるとしたら「花橘図屏風」となる。
  • 〔第9回での補足〕「花橘図屏風」では、西行が詠んだ「聞かずとも此処を瀬にせむ郭公 山田の原の杉の群立ち」を構図したものに、郭公(ホトトギス)と取り合わされて詠まれてきた白い花橘を描き入れた。
  • 宗達の出身地について。野野村知求、江村知求などの名前から考えて、近江国(江州)野洲群野村、つまり近江八幡ではないかと想像している。堀杏庵も同じ出身地。

今回の重要点。寛永6年(1929)に角倉素庵校・野野村知求(宗達か)刻の古活字版『本朝文粋』が刊行され、翌年に尾張初代藩主徳川義直に進上、禁裏、公家等に献上され、この功績により同年、法橋が叙位されたと推測していることである。そして、その御礼として三御所に進上された三双のうち、後水尾院に進上されたのが「楊梅図屏風」であり、その対をなすのが「花橘図屏風」(旧「雑木林図屏風」)であったという見方である。
この一連の考え方は宗達作品の制作時期にかかわるので、非常に重要な指摘である。それについては第9回で。

2014.02.05 Wednesday

日本美術の祭典@トーハク&トビカン

上野の東京国立博物館と東京都美術館で開かれている「日本美術の祭典」に行ってきました。同時期に日本美術の特別展を開いているトーハクとトビカンのコラボ企画(ポストカードがもらえるスタンプラリーやってます!)

日本美術の祭典

クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美(東京国立博物館平成館)2014.1.1-2.23
人間国宝展 生み出された美、伝えゆくわざ(東京国立博物館平成館)2014.1.15-2.23
日本美術院再興100年 特別展 世紀の日本画(東京都美術館)2014.1.25-4.1

3展共通特別先行前売券(会場で上記画像のチケットに引き換え)を手に入れていたので、たいへんお得にみることができました(こういう情報を日々発信されている方々にあらためて感謝!)。


「クリーブランド美術館展」では雪村周継《龍虎図屏風》、渡辺始興《燕子花図屏風》、深江蘆州《蔦の細道図屏風》なんかが好みだったが、全体としての印象は意外にあっさりしていたかも。
渡辺始興_燕子花図屏風

「人間国宝展」では伝統的な工芸品と現代の巨匠たちによる工芸品が数々並んでいて壮観だった。好きな人には堪らないだろうなあ(タイミングによるかもしれないが、クリーブランドより人気があるのでは、と思えるほどの入りだった)。

「世紀の日本画」は日本美術院再興100年を記念した特別展で、前期と後期で作品がざっくりと入れ替わるようだ。個人的には小林古径祭りを開催、安田靫彦の作品ともども堪能。
小林古径《阿弥陀堂》の幽玄な佇まいには身震いさせられ、《竹取物語》の凄みすら感じさせる想像力と構成力に溢れた6つの場面にただただ感激した。この《竹取物語》に魅了されたのなら、ぜひ高畑勲監督「かぐや姫の物語」をぜひご覧あれ(こちらはまさに動く日本美術です)。
小林古径《楊貴妃》と安田靫彦《飛鳥の春の額田王》の並びにも参った。どちらも美術本で繰り返し眺めてきた作品で、まさか並んでいるとは想像もしていなかったので、みた瞬間、瞳孔が最大限に拡張していたと思う。古径の剃刀のような切れ味の線と構図、靫彦のもう少し穏やかな線と構成を、並べてじっくりみられたのは、ほんとうに幸せだった。どちらも美しい線で定評のあるところだけど、なるほどと思うような違いも感じられた。
このふたりの作品だけでなく、小倉遊亀《径》をはじめ、近代日本美術の名品をよくぞここまで集めてくれたと言いたくなるような見事な作品ばかりで、圧巻だった。トーハクの2展と比べるとずいぶんと空いていたのがとても残念だった。
今年いくつの展覧会に行けるかわからないけど、ベスト展覧会の1つに入ってくること間違いなし。後期も楽しみだ。
安田靫彦_飛鳥の春の額田王 小倉遊亀_径

2014.01.05 Sunday

シャヴァンヌ展@Bunkamura

Bunkamura ザ・ミュージアム「シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」 2014.1.2-3.9

シャヴァンヌ展
まさか日本でシャヴァンヌ展がみられるなんて、想像したこともなかったので、この展覧会の開催を知ったときには驚いた。シャヴァンヌの名前を初めて意識したのは、国立西洋美術館所蔵《貧しき漁夫》だったと思う。その後、フランスの多くの公共施設でいくつもの壁画を手がけ、<19世紀最大の壁画家>とも称されることを知った。

シャヴァンヌに感じる魅力は、荒々しさのない静かで牧歌的ともいえる、神話的な情景を、フレスコ画に例えられる抑えた色味で描いていることである。とくにフランスを戦乱や内乱が襲った時代を背景に、叙情的な理想郷を描くことで、平和への祈りを込めた。

男性女性問わず多く描かれた裸体はギリシャ彫刻を思わせるものが多く、古典的とも言われる。しかし、そこに描かれている情景は幻想的で寓意に満ち、独特の平面性をもつ。そのあたりが象徴主義の先駆けともいわれる所以なのかとも感じる。

シャヴァンヌ_秋
ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ《秋》

シャヴァンヌ_海辺の乙女たち
ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ《海辺の乙女たち》

壁画の縮小版がたくさんあって、そういう仕事をしているから、壁画家でもあるシャヴァンヌの画業を極東の島国でもみられるのだなあ、なんて感謝したり。リヨン美術館の壁画はぜひみにいきたいものだ。

《瞑想(習作)》《秋》がとても気に入った。デッサンや習作、未完成作に惹かれるからかもしれないし、余白が好きなのかとも思う。《聖人のフリーズ》もすばらしくて、これはリズムがいいからなのか、単純にこうした構図が好きなのか、心地よさを感じる。

静かな絵を静かな心持ちでみて、穏やかな気持ちになる。そんな、すばらしい展覧会だった。こういう企画がもっと実現されるとうれしい。


2014.01.04 Saturday

博物館に初もうで@トーハク

2日に出かけるつもりがちょっと遅くなってしまったので、翌日あらためて東京国立博物館「博物館に初もうで」に行ってきました。

せっかく上野に来たので、まずは東照宮に初詣。
東照宮
黒に金ってほんとうにきれいだ。思ったほど、というより人はあまりいなくて、いいところで初詣できました。

それからトーハクへ。
博物館に初もうで
チラシもらってくるの忘れたので、HPからお借りしました。

正面玄関ではちょうど獅子舞が始まるところ。人だかりができていたので、着物を着た相方と遠巻きに見ていたら、何かが盛大に撒かれ、そのひとつが手前の空間に落ちて、こちらへ転がってきました。拾ってみると小判、ラッキーでした。
トーハク小判
しばらく獅子舞をみてから本館に入ると、階段の上には正月らしい華やかな生け花が。
トーハク生け花

展示のほうは、やはり国宝室の長谷川等伯《松林図屏風》がお目当てでしたが、室内はとても混んでいて、全体像をゆっくりみることは残念ながらできませんでした。このほか、雪村周継《鷹山水図屏風》など、相変わらず、いいものがたくさんありました。

干支にあわせて、うまに関する絵画、工芸品などを集めた特別室に入ろうとしたら、カレンダーをもらえました。
トーハク2014カレンダー
同室に展示されている長谷川等伯《牧場図屏風》の部分がデザインされていました。とても雰囲気のある屏風でした。

こんな感じの2014年の初詣と初博物館、とりあえず記録まで。


2013.12.31 Tuesday

2013年の美術展ベスト3

みにいった展覧会がこれだけ少なくなって、果たしてベストを決めたりしてよいのだろうか、などと思わないでもないが、まあ一応恒例なので、やはりこれで締めくくらないと新たな年をむかえられないでしょう。なんて。

第1位 夏目漱石の美術世界展(東京藝術大学大学美術館)
夏目漱石の美術世界展
夏目漱石を軸に美術作品を集めるという企画がとてもおもしろいし、なにより展示そのものが楽しく刺激的に構成されていて、展覧会としての完成度が高かったと思う。ウォーターハウスの2点も来日していたし。

第2位 アントニオ・ロペス展(Bunkamura ザ・ミュージアム)
アントニオ・ロペス展アントニオ・ロペス展2
アントニオ・ロペスの名前しか知らなかったのにチラシで見た《マリアの肖像》に魅せられて展覧会に足を運び、この作家に触れた。そういう展覧会との幸運な出会いに感謝している。

第3位 和様の書(東京国立博物館平成館)
和様の書
書を自分がどれくらい楽しめるのだろうかと思いつつ出かけ、和様の書の美しさ、多様さ、そして個性に触れ、日本語の見た目の美しさにうっとり、眼福にあずかった。

次点 貴婦人と一角獣展(国立新美術館)
貴婦人と一角獣展
6枚の巨大なタピスリーが広くて高い空間を埋めているその景色だけでもう圧倒された。その展示空間にいる不思議な感覚こそが、この展覧会を何か得難いものにしてくれた。
カイユボット展と迷ったのですが。


みた展覧会は年々減っていくばかりで、みのがして悔いを残すこともしばしば。今年ちゃんと行けばよかったと思う展覧会のいちばんは京都展(東博)かな。
毎年同じことを書いているけど、後悔しないように来年はもっと展覧会に出かけたいものです。
ではみなさん、よいお年を。

2013.12.31 Tuesday

宗達を検証する(7)重要文化財「西行物語絵巻」の改変

連続講座「宗達を検証する」第7回 講師:林進
重要文化財「西行物語絵巻」(宗達模写、出光美術館)の改変 ―西行往生の場面における「無常」の表象について―
12月14日 於:Bunkamura B1特設会場

『西行物語絵巻』の写本や絵巻を比較しながら、宗達模写の絵巻について、講師曰く「重箱の隅をつつくように」読み解こうという試み。こうやって細かなところを解き明かしていく姿勢が美術史(に限らないだろうが)なのかと、とても興味深く拝聴したので、長くなってしまっていました。

-----

平安末鎌倉初期の歌人西行の発心、修行、往生を物語化した「西行物語」を絵画化したものが「西行物語絵」であり、写本、絵巻、版本が多数伝わる。
このうち「西行物語絵巻」は、文字でしるした詞書とそれに対応する絵をあわせて数巻の巻物に仕立てた作品。文章の内容によって三系統に分類される。
(1)広本系:物語量が最大のテキスト。出家後の西行がすぐに吉野、熊野、大峰をめぐる旅に出る話で始まる。
‘狙酥術館本と相国寺承天閣美術館本はもとは同じ四、五巻セットの絵巻のうちのそれぞれ一巻で、鎌倉時代(13世紀中頃)の制作と推定(詞書と絵の筆者不明)。
▲汽鵐肇蝓屡術館白描本は南北朝時代の制作と推定。
(2)略本系:出家後の西行がすぐに伊勢に赴く本。
.汽鵐肇蝓屡術館著色本は三巻本で、室町時代(15世紀頃)の制作と推定(詞書と絵の筆者不明)。
(3)采女本系:明応九年(1500年)に三条公敦が詞書を書き、梅田采女佑源相保が絵を描いた絵巻の系統。原本は伝わっておらず、近世の模本がある。
…天擴筏貘∨楔浚本
▲札鵐船絅蝓屡術館本四巻本
出光美術館本・宗達模写本四巻本
づ亙娉繁槝惨本

この出光美術館本は、制作年がわかる宗達の基準作のひとつということで重要。制作由来には、権大納言烏丸光広が越前福井藩主松平忠昌の家老の依頼により、禁裏御文庫に収蔵されている『西行法師行状之絵詞』四巻(采女本)を借りだして、模写本の制作を法橋宗達に命じた、とある。宗達の模写が完成した後、光広が染筆した。寛永七年(1630)のことである。
宗達模写本は松平忠昌から長州藩主毛利家に渡った。現在、四巻のうち第一巻、第二巻、第四巻は出光美術館に所蔵され、第三巻は断簡となって掛幅装に改装され、出光美術館ほかに分蔵されている。
い療亙娉繁椶蓮⊇|の模写と同時に許可を得て俵屋絵師によって模写された「手控え本」で、留めおく目的で素早く簡略に描いたものである。

…天擴筏貘∨椶鉢▲札鵐船絅蝓屡術館本(以下、セ美本)は原本を忠実に模写したものと推定され、づ亙娉繁椶盍蔑化されているものの、同様である。宗達筆の出光美術館本だけが異なる特徴をもっている。渡辺家本がのっぺりと薄いのに対して、宗達筆ははっきりとメリハリ、奥行き感があり、宗達画の特徴に一致する。

出光美術館本第四巻十二段「西行往生」では、原本からの明らかな改変がある。
もっとも重要なのは、西行が阿弥陀如来像に向かって合掌する東山双林寺の室内(阿弥陀堂)が、宗達筆ではすべて畳敷きであるのに対して、セ美本と渡辺家本では阿弥陀如来像が立つ部分が板敷きで、残りが畳となっていること、そして、左側の池のある庭に立つ二本の桜が、セ美本では散りかけた白い花、渡辺家本では花盛りの桜色となっているのに対して、宗達筆では葉桜になっていることだ。

西行物語絵巻
(講座テキストより)

宗達はなぜそのような改変をおこなったのだろう。
西行が葉桜の名残を詠んだ和歌一首「青葉さへ見れば心のとまるかな 散りにし花の名残りを思へば」に即して絵画化し、西行への追善の意を込め、西行の死を描かずに青葉への時間の推移を描いて無常観を表したのではないか。そして室内のほうは、阿弥陀堂ではなく庵室で往生の期を待つ西行のもとに阿弥陀如来が来迎し、畳の上にそっと座られた、と解釈できる。
庵室と庭を同じ時間で描いたのではなく、絵巻の伝統を応用して、右側の庵室の場面から左側の葉桜へと時間の経過を描いて、宗達なりの無常観を表現したのではないだろうか。

絵画の制作は依頼者に向かって行うこともあれば、この場面のように西行(あるいは西行の和歌)に対して描くこともあっただろう。ここで表現した無常観を果たして依頼者がわかっただろうか。

-----

模写はただ絵を写しとるだけでなく、物語に込められたさまざまなものに寄り添うことで、あらたな可能性がみえてくる、そんな解釈があるのかもしれない。そんなことをつらつらと考えさせられる講義だった。

2013.12.30 Monday

宗達を検証する(6)国宝「蓮池水禽図」

連続講座『宗達を検証する』講師:林進
第6回 国宝「蓮池水禽図」―宗達絵画の《時間》についてー
11月16日 於:Bunkamura B1特設会場

この第6回講座から1か月以上も経って、今年も暮れようとしています。早めに下書きをして放っておいたら第7回がやってきてしまい、相当重い腰を上げたところ、下書きがない!という驚愕の事態となったため、あらためて書き直しとなりました。どうにかこうにか記憶をたどりつつ、なんとか仕上げたいと思います。

俵屋宗達の水墨画の到達点である《蓮池水禽図》で宗達が何を描いたのかが今回のテーマ。同時に、”町絵師宗達の初期の水墨画”とする定説に挑む。

-----

宗達_蓮池水禽図
国宝《蓮池水禽図》は現存する宗達水墨画として最初の作品(元和初年頃)でありながら、すでに最高の表現に達する、というのが定説になっている(山根有三「宗達と水墨画」『宗達研究 二』1966)。山根氏は、金銀泥下絵の色紙や和歌巻の制作過程において、水墨画を描きはしなかったが、絶えず牧谿の水墨画を意識していたと述べている。
これは宗達が京都の上層町衆出身の画家とみる考えに基づくものがだ、では、金銀泥下絵のデッサン力をいかに身につけたのか。さらには、《龍雲図屏風》の大画面構成、《楊梅図屏風》《舞楽図屏風》《風神雷神図屏風》の金箔押地、益田家本《宗達伊勢物語図色紙》の大和絵「つくり絵」の表現法が、はたして町絵師に可能だろうか。

宗達は狩野派で技法を学んだとみる。宗達がはじめ狩野永徳の弟子であったとの説がある(『皇朝名画拾彙』)。狩野永徳が没した後、絵草紙屋を営んだ狩野一雲や、屏風絵所を開いた沼津乗昌のように、弟子の一部は狩野派を離れ、町絵師となった。宗達も六原で俵屋を開いたと考えられる。
宗達は元和期以降、押絵貼屏風のための扇面図、水墨画を描くことが多くなり、やがて法橋に叙位されたことで、はからずも屏風絵や襖絵、杉戸絵を描かざるを得なかったのだ。寛永十年ころに《養源院襖絵》《白鷺図》《神農図》を最後に引退したと考える。《蓮池水禽図》はおそらく法橋叙位の少し前の作だろう。

《蓮池水禽図》は具引きを施し、その白い素地により水墨の濃淡の深みが生まれ、外隅によって白蓮の花の白が浮かび上がる。水墨の斑はたらし込みだ。この図で使い分けられている多様な描線は非凡な才能と鋭敏な感覚を持つものの手になるものだ。

宗達は金銀泥画や水墨画などを描くとき、とくに「時間の推移」の表現に心を配る。この点は俵屋の絵師たちと異なるところである。《金銀泥蓮下絵百人一首和歌巻》では蓮の一生、《金銀泥四季花卉下絵古今和歌巻》では四季の花卉・花木を描いて四季の移りを表した。
《蓮池水禽図》は蕾から花托までのわずか4日の蓮の花の生命のうち、開花4日目と花托寸前の姿を描いている。画面左側の薄墨は水に沈む敗荷。宗達は終わりゆく生命の最期の輝きを表現するとともに、次に生まれ来るものへの期待感を込めた。
早朝、やわらかな陽の光が蓮池の水面を照らし始め、カイツブリの一日が始める場面で、蓮の花とカイツブリの生命の形を対照的に描いたのだ。


さて、この後も続くのだが、もうひとつ、《槇檜図屏風》(石川県立美術館)について。この図の主題は、陽の光のように輝いているが、ここで描かれているのは、槇檜樅の叢林に降り注ぐ慈雨なのである。「かの大雲の、一切の卉木、叢林及び諸の薬草に雨るに、その種性に如って、具足して潤を蒙り、各、生長することを得る」(『法華経』「薬草喩品」)

-----

宗達が狩野派で技法を習得し、その後町絵師となって、水墨画や大画面、金箔押地、杉戸絵などを描いた、という話はなかなか納得できるが、いかんせんはっきりした証拠がないのが残念だ。

2013.12.01 Sunday

モローとルオー@パナソニック汐留ミュージアム

パナソニック汐留ミュージアムで「モローとルオー 聖なるものの継承と変容」をみた。
モローとルオー展
ギュスターヴ・モローとジョルジュ・ルオーはパリの国立美術学校の教授と生徒として出会い、生涯の師弟関係となった。モローはルオーの才能を伸ばそうと助言するだけでなく、自らもルオーから学び、刺激を受けていた。
往復書簡では筆不精な弟子に不満を示したり、言葉の使い方を指摘するモローがおかしいが、そんなところにも信頼関係がみえる。

初期のルオーはモローの作品のにおいがする作品を描いていたようにみえ、そのせいか、モロー亡き後に確立する画風よりも、モロー好きからすると好ましく感じられた。
モローは自らが理想とするモチーフを一貫して追い求めながら、その理想へとさまざまな試みをしていたようだ。パリのギュスターヴ・モロー美術館を訪れると、画面がすべて埋まっていない作品が多いが、そうした作品も、いわゆる完成作とくらべて見劣りするかとういうと、そういうことは一切なく、どれも輝いてみえる。本展でも、下絵や習作がいくつか展示されているが、やはり、まだ途中だななんて感想ではなく、こういうひとつの過程もひとつの形で、それとは別に本作が出現するといったようなものに感じられるくらい、下絵や習作自体が魅力をもっているのだ。
モロー28歳の《ピエタ》(岐阜県美術館)の、荒涼と静寂の光景の美しさ、《《サロメ》のための習作》(モロー美術館)、数点の《油絵下絵》と、どれもそれぞれに確固たる魅力をたたえている。未完成作も完成作もなく、その一つ一つの作品に制作しているモローの想いや目指すものが色濃く表れているから、強い印象を受けるのだろうか。
サロメのための習作
《《サロメ》のための習作》
トミュリスとキュロスまたはトミュリス女王
《トミュリスとキュロスまたはトミュリス女王》

ギュスターヴ・モロー美術館を訪れたときの記事はこちら


 


CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK