2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2008.03.12 Wednesday

ウルビーノのヴィーナス展

国立西洋美術館「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展をみてきた。
ウルビーノのヴィーナス展

ルネサンス期に復活した古代の女神ヴィーナス。鮮やかな色彩と光の表現が特徴とされるヴェネツィア派を代表する画家の代表的ヴィーナスがウフィツィ美術館からやってきた。
昨年のレオナルド・ダ・ヴィンチ《受胎告知》といい、フィレンツェに行かなくてもみられるなんて。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ウルビーノのヴィーナス》(1538頃)
ティツィアーノ《ウルビーノのヴィーナス》
近づくと裸の女性が生々しく迫ってくる。離れると画面全体との調和が高まり、ヴィーナスの雰囲気がでてくる。距離によって印象が変わり、聖と俗が入れ替わったり交わったりするようだ。だいたい、ヴィーナスのモチーフでなければ普通に裸婦画だろうと思うのだけど、それでもヴィーナスを感じられる。視線が追ってくるところがモナ・リザのようだ。
ぱっとみるとこの女性に違和感を感じる。からだと顔が別人にみえるからだ。このふくよかで柔らかなからだにこの顔がなじんでいるようには思えなかった。単なる印象だけど、裸婦モデルに別の女性の顔をつけたような気がした。離れてみてもその印象に変化はなかった。
その後の裸婦画の基準になったといわれるくらいだから、やはりインパクトがある。工房の先輩ジョルジョーネから柔らかな曲線の裸体表現など多大な影響を受けたという。

参考までにこちらも。
ジョルジョーネ《眠れるヴィーナス》(1510-11頃)
ジョルジョーネ《眠れるヴィーナス》
ジョルジョーネの死後、ティツィアーノが背景などを描いて完成させたといわれているらしい。
からだの線がとてもよく似ている。もっとも違うところは《眠れるヴィーナス》が神話的なヴィーナスであるのに対し、《ウルビーノ》は現実性を強く感じさせるところ。屋内だし。調度品、侍女や子犬の存在もそうだけど、目を見開いてこちらを見つめているところが存在感をより強めているのだろう。

この2作品を比べたついでにこちらも。
マネ《オランピア》(1863)
マネ《オランピア》
ウルビーノよりもっとからだを起こした姿。侍女はベッドの脇にまで到達。そして猫。
オランピアの裸婦の肌は磁器のよう。だとすればウルビーノのヴィーナスは陶器かな。

もう1点。
ヴェロネーゼ《息子アンテロスをユピテルに示すヴィーナスとメルクリウス》
ヴェロネーゼ《息子アンテロスをユピテルに示すヴィーナスとメルクリウス》
視線を左下から右上の、鷲と影で表されたユピテルへと誘う。この方向性がさまざまな形で画面全体を覆っている。ヴィーナスとメルクリウスの目がきらきらしている。

ヴィーナスはもちろん、神話や宗教の世界には象徴がちりばめられているので、そういう知識を少しずつ増やしていかないと。


このあと常設展をみる。てっきり新館の改装が終わって開館されていると思い込んでいたけど、まだだった。本館の展示は前回とあまり変わっていなかった。
モローの作品は《牢獄のサロメ》からこちらに変わっていた。
モロー《ピエタ》
ギュスターヴ・モロー《ピエタ》(1876頃)

2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 00:07
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
>視線が追ってくるところがモナ・リザのようだ。
この視線から逃れられませんね。
モナ・リザ以上かもしれません。

★Takさん、こんばんは。
ぱっとみるとそれほど感じない視線が、気にしてみてみるとずっと追ってきて、正面でまっすぐというわけでもないぶん、よけいに惹き付けられるようでした。
モナ・リザと並べてみてみたいです。
  • キリル
  • 2008/03/16 11:15 PM
こんばんは
>裸婦モデルに別の女性の顔をつけたような

身体は柔らかいのに、顔が挑発的だから、と言う感じもありますが、いかがでしょう。

彼女の視線は男性よりも、女性のほうに刺さるようです。
  • 遊行七恵
  • 2008/05/08 11:50 PM
★遊行七恵さん、こんにちは。
物理的に身体に比べて頭が小さいように感じたことも確かなんですが、そう言われると、ご指摘のとおりのような気がしてきました。
なるほど「挑発的」にも見えますね。そう見ると、女性のほうにより刺さるということがありそうです。
  • キリル
  • 2008/05/09 12:20 PM
キリルさん、こんにちは
僕もやっとこの展覧会に行きました。
>からだと顔が別人にみえるからだ。
今までそのような事を考えたことはなかったのですが、そう言われると何だかそのように見えてきます。
面白いものですね。
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
  • lapis
  • 2008/05/10 3:33 PM
★lapisさん、こんばんは。
楽しみにされていたのでよかったですね。
からだと顔が別人のようにも見えてきてしまいましたか。考えなしの感想にあまり惑わされないでくださいね。
  • キリル
  • 2008/05/10 10:01 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
国立西洋美術館で明日3月4日から開催される 「ウフィツィ美術館の至宝 ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展の開会式、内覧会及びレセプションに参加して来ました。 土日と仕事だったため、今日は代休。 運よく午後2時半から行われ
  • 弐代目・青い日記帳 
  • 2008/03/16 1:11 AM
東京・上野の国立西洋美術館で開催されている「ウルビーノのヴィーナス」展を観てきました。いうまでもなくルネサンス屈指の女神であるティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」が今回の目玉です。副題として(小さく書いてありますが)、「古代からルネサンス、
  • とんとん・にっき
  • 2008/04/11 9:07 PM
ウルビーノのヴィーナス展は夜間開館に観ようと決めていた。 皆さんのブログを再読して、予習をしてから出かけようとしていたが、その時間が...
  • 遊行七恵の日々是遊行
  • 2008/05/08 11:42 PM
嬉しいことにティツィアーノの傑作『ウルビーノのヴィーナス』が、2008年3月4日(火)から国立西洋美術館で、開催される「ウルビーノのヴィーナス展」のために初来日する。東京は遠いのだが、これは、今年見に行きたい展覧会の一つである。ティツィアーノが描いた
  • カイエ
  • 2008/05/10 3:26 PM
Juliaさんのお誘いで、5月2日に開催された池上英洋先生の「ウルビーノのヴィーナス展」鑑賞会に参加した。展示室に入る前に、池上先生よる出品作品やヴィーナス像の変遷についてのレクチャーがあり、その後各展示室で、ポイントを絞った解説を聞きながら作品を見るとい
  • カイエ
  • 2008/05/10 3:26 PM
ウルビーノのヴィーナス公式HP上野・国立西洋美術館(世界遺産登録されます)にて3/4〜5/18まで開催されている「ウルビーノのヴィーナス〜古代からルネサンス、美の女神の系譜」(LaVenerediUrbinoMitoeImmaginediunaDeaDallAntichitaalRinascimento)を16日に
  • KINTYRE’SDIARY
  • 2008/05/12 10:27 PM

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    キリる
  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    yuasa
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK