2018.08.29 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2018.08.29 Wednesday

青い日記帳『いちばんやさしい美術鑑賞』

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

学生時代に先輩・同級生と美術館に出かけた。たぶん東欧のどこかの国の美術館の展覧会だった。うろ覚えなのは、あまり興味を惹かれなかったからだと思う。当時、美術にそれほど興味がなかった。

その後、短い期間だったけど、米国に住んだことがある。ワシントンD.C.のスミソニアン博物館には何度も足を運んだ。お目当ては航空宇宙博物館。宇宙大好きだから。なのに美術館は一度も訪問しなかった。ニューヨークにも何度か遊びに行ったのに、やっぱり美術館には行ってない。

今から思えば本当にもったいないことをした。

 

十数年前から、とくに絵画に興味をもつようになって美術館に出かけ始めた。プーシキン美術館展やプラド美術館展をみて、このブログを始めた。その後、若冲の展覧会があって、はじめて日本画に目覚めるということになるわけだけど、それはまた別の話。

ブログなので誰かに見てもらいたいという気持ちもあったとは思うけど、基本的にはただ記録するだけで満足していた。それだけ自己完結していたのだろう。

 

そんなとき、遊行七恵さんTakさんからコメントをいただいた。そこから美術の世界が広がった。ずっと前から美術を観続けてきた方々とのWebでのやり取りで、美術の見方や楽しみ方を自分なりに学んでいった。とくにお二人には感謝している。

そう言いつつ、いろんな事情があって、美術を観に行く機会を減らしてしまったのは、自分の不徳の致すところ。もちろん興味を失ったわけではないけど。

 

美術の見方を広げてくれたTakさんが本をお書きになった。Takさんにしか書けないようなすばらしい美術入門書。先日、有志の方々が出版をお祝いする会を開いて大盛況だったという。迷ったのものの、たくさんの人が集まる場所は苦手なので参加しなかったが、お祝いの気持ちはこの拙い感想文を書くことに込めたつもり。おめでとうございます。本も早々に増刷が決まったそうで、何よりです。

 

 

前置きが長くなった。ここからが本題。

 

この本の魅力はイコールTakさんの魅力である。それが人を引き入れる力と言い切ってしまおう(上ですこし触れたように)。

まず美術を観に行ってみようと思わせる、そのために美術の魅力を発信する。まだ二の足を踏んでいるの、それなら、こんなつもりで出かけてみてはどうですか、というふうに次から次へと新たな抽斗から別の衣装を出して、連れて行ってくれようとする。

美術を観慣れない人だけにとどまらず、美術館に行き慣れている人にも、別の観方や新たな何かを見せてくれようとする。

 

苦手だったり嫌いだったりする作家や作品も、観ておけば好きな作品の参考になるし、その作品に影響を与えているかもしれない、もしかしたら将来好きになるかもしれない。好き嫌いでみる態度を変えるのはもったいない。観るチャンスがそうそうあるわけではない作品も多いのに、観ないのはもったいない。そうTakさんは力説する。

そんなTakさんはどんなものでも必ずいいところを見つける才能をお持ちである。美術作品として残ってきたものばかりなのに、好きじゃないから観るのはやめようとバッサリ切ってしまうのはあまりに短絡的ですよ、と。

このあたりは自分の胸にグサリと突き刺さる。

 

ようやく前置きとどうにかつながったでしょう。

美術に大して興味がなかったのに、あるときから突然好きになって、熱心に通うようになったりする。将来好きになるかどうかは誰にもわからない、でも自分の興味を広げることは絶対にあなたの何かになるから、どうせなら今出かけてみませんか。

 

この本では、日本で観られる美術作品が紹介されている。

そんなに面白いっていうのなら騙されたと思ってちょっと行ってみようかな、本で紹介されていたやつが近くで観られるんだ、で、こうやって観てみればいいのか、そんな見方はまだ難しいけどこんな見方ならできるかな。そういうなら下調べしてから行ってみようか、あのキャプションが気になったので、あとでもう一度ググってみよう。こうなったらもうTakさんの目論見どおり。

とにかく一度美術館に足を運んでみては、と。

 

映画館に行くように美術館に出かけることがもっとたくさんの人の日常になればいい、こんなに楽しいことをもっともっと多くの人に知ってもらいたい。

美術作品を楽しむコツが豊富に盛り込まれた、Takさんならではの美術鑑賞入門書。美術館にお出かけの際にもポケットに入るサイズの絶好のガイドブック。

絶賛応援します。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.08.29 Wednesday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 12:55
  • -|
  • -

関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    ENTRIES

    CATEGORIES

    SEARCH THIS SITE

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    • 栄西と建仁寺@トーハク
      キリ
    • 栄西と建仁寺@トーハク
      奈良県PR担当の油井と申します
    • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
      キリ
    • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
      あべ
    • 2011年の美術展ベスト5
      AR
    • 2011年の美術展ベスト5
      はろるど
    • 歴史を描く@山種美術館
      AR
    • 歴史を描く@山種美術館
      遊行七恵
    • 2010年の美術展ベスト10
      AR
    • 2010年の美術展ベスト10
      すぴか

    RECENT TRACKBACK

    RECOMMEND

    LINKS

    PROFILE

    twitter

    スマートフォン

    OTHERS

    MOBILE

    qrcode

    POWERED

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    SPONSORED LINK