2017.01.21 Saturday

振り返りと今年。

昨年このブログに投稿した記事は、なんと4件。ひどいものです。

美術展にはそんなに行かなくなりました(映画館には毎週のように足を運んでますが)。ちょっとした環境の変化もあって。

とはいえ、みたい展覧会はたくさんあって、昨年もあといくつかには出かけました。

国立西洋美術館のカラヴァッジョ展、クラーナ派展とか、損保ジャパン日本興亜美術館のカリエール展とか。

 

カラヴァッジョ展は、期待が大きすぎたせいか、それほどしっくりきませんでした。個人的にこれは!という作品をみつけられなかったせいかも。《法悦のマグダラのマリア》は繊細で魅力的ではありましたが。

カリエール展は、家族の親密さとか、そういうのがセピア色の画面で描かれていて、ぽわんとした気分にはなりましたが、あまり好みではありませんでした。

クラーナハ展は、やはり女性の裸体が魅力で、クラーナハがそれを本当に描きたかったのかどうかはもちろんわかりませんが、工房のビジネスモデル的なにおいがしましたね。

(追記:適切な言葉遣いではないので、修正します。「稼ぎ頭」とか「最有力商品」のような意味です。)

 

今年も注目の展覧会がたくさん開催されます。

「バベルの塔展」(東京都美術館)、「オルセーのナビ派展」(三菱一号館美術館)、「ミュシャ展」(国立新美術館)あたりは確実に行くと思います。記事にするかどうかはそのときの気分でしょうか。

 

そんなわけでいまだに中途半端に続けているブログですが、さていつまで続くのやら。

 

 

 


2017.04.29 Saturday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 18:36
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK