2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2015.03.21 Saturday

ボッティチェリとルネサンス

Bunkamura ザ・ミュージアムで「ボッティチェリとルネサンス――フィレンツェの富と美」をみた。
ボッティチェリとルネサンス展
渋谷ユーロスペースでアレクセイ・ゲルマン監督の映画「神々のたそがれ」を観てから、休憩を取って、展覧会へ。どちらも初日、どちらも大盛況なのには驚いた。
ボッティチェリら画家たちの工房とメディチ家などフィレンツェ金融業との関係から展覧会は構成される。
ボッティチェリをはじめとする画家たちの作品はどれもなかなか魅力的ではあったが、残念ながら、そのなかに、これはというほど琴線に触れるもの、これは好きだな、というものはなかった。
しいて挙げれば、ボッティチェリの大画面のフレスコ画《受胎告知》が印象的だった。ただ、画面構成がなにか物足りない気がした。

ポストカードを1枚くらい記念に買おうとショップに入ったが、ポストカード売場がせまく、なかなか見ることができないので、まあいいやという気になってしまった。これは改善してほしい。できれば2か所は設置してほしいな。
こういう感動成分がすり減っているヤツは置いといて、フィレンツェの芸術をぜひ自分の目で確かめてきてください。

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 23:09
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK