2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2014.08.14 Thursday

オルセー美術館展2014@新美

国立新美術館「オルセー美術館展 印象派の誕生−描くことの自由−」に行ってきました。
オルセー美術館展2014

よくやるなーオルセー展、って感じがしないでもないけど、自分がみた過去の展覧会を振り返ってみると、それぞれ特徴があって全然同じ様子ではなかった。さすが、もっている美術館は違います。とくに、同じ新美での前回のオルセー美術館展2010ではポスト印象派に焦点があてられていたのに対して、今回は印象派が中心。

過去記事はこちら。
ついでにオルセー美術館を訪ねたときの記事も。

さて、今回のお目当てはこちら。
ホイットニー_灰色と黒のアレンジメント第1番
ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー《灰色と黒のアレンジメント第1番》
一度みてみたいと願っていた作品だからか、あれ、これどこかでみたことなかったっけ、となったが、実物をみるのは初めて。
健康状態がおもわしくない母の肖像。凛とした佇まいに母への敬愛がうかがえる。タイトルから絵画を自律的に構成しようとする姿勢がうかがえるようだが、静かでやや張り詰めたピアノの音が浮かんできた。
もうすぐ開かれるホイッスラー展がますます楽しみになってきた。

このほかでは、ギュスターヴ・カイユボット《床に鉋をかける人々》エドゥアール・マネ《ロシュフォールの逃亡》などが印象に残った。
また行きたくなったな、オルセー美術館。


ブログに記事を書くのはもうやめようくらいの気持ちでいたので、前回記事からいくつかの展覧会の記事を書いていなかったが、気が向いたので書いてしまった。もしかしたら、これからもそんな感じで続けていくかもしれないな(なかみがある内容にならないのは確実ですが)。

2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 23:59
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK