2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2014.02.05 Wednesday

日本美術の祭典@トーハク&トビカン

上野の東京国立博物館と東京都美術館で開かれている「日本美術の祭典」に行ってきました。同時期に日本美術の特別展を開いているトーハクとトビカンのコラボ企画(ポストカードがもらえるスタンプラリーやってます!)

日本美術の祭典

クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美(東京国立博物館平成館)2014.1.1-2.23
人間国宝展 生み出された美、伝えゆくわざ(東京国立博物館平成館)2014.1.15-2.23
日本美術院再興100年 特別展 世紀の日本画(東京都美術館)2014.1.25-4.1

3展共通特別先行前売券(会場で上記画像のチケットに引き換え)を手に入れていたので、たいへんお得にみることができました(こういう情報を日々発信されている方々にあらためて感謝!)。


「クリーブランド美術館展」では雪村周継《龍虎図屏風》、渡辺始興《燕子花図屏風》、深江蘆州《蔦の細道図屏風》なんかが好みだったが、全体としての印象は意外にあっさりしていたかも。
渡辺始興_燕子花図屏風

「人間国宝展」では伝統的な工芸品と現代の巨匠たちによる工芸品が数々並んでいて壮観だった。好きな人には堪らないだろうなあ(タイミングによるかもしれないが、クリーブランドより人気があるのでは、と思えるほどの入りだった)。

「世紀の日本画」は日本美術院再興100年を記念した特別展で、前期と後期で作品がざっくりと入れ替わるようだ。個人的には小林古径祭りを開催、安田靫彦の作品ともども堪能。
小林古径《阿弥陀堂》の幽玄な佇まいには身震いさせられ、《竹取物語》の凄みすら感じさせる想像力と構成力に溢れた6つの場面にただただ感激した。この《竹取物語》に魅了されたのなら、ぜひ高畑勲監督「かぐや姫の物語」をぜひご覧あれ(こちらはまさに動く日本美術です)。
小林古径《楊貴妃》と安田靫彦《飛鳥の春の額田王》の並びにも参った。どちらも美術本で繰り返し眺めてきた作品で、まさか並んでいるとは想像もしていなかったので、みた瞬間、瞳孔が最大限に拡張していたと思う。古径の剃刀のような切れ味の線と構図、靫彦のもう少し穏やかな線と構成を、並べてじっくりみられたのは、ほんとうに幸せだった。どちらも美しい線で定評のあるところだけど、なるほどと思うような違いも感じられた。
このふたりの作品だけでなく、小倉遊亀《径》をはじめ、近代日本美術の名品をよくぞここまで集めてくれたと言いたくなるような見事な作品ばかりで、圧巻だった。トーハクの2展と比べるとずいぶんと空いていたのがとても残念だった。
今年いくつの展覧会に行けるかわからないけど、ベスト展覧会の1つに入ってくること間違いなし。後期も楽しみだ。
安田靫彦_飛鳥の春の額田王 小倉遊亀_径

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 00:20
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK