2013.12.31 Tuesday

2013年の美術展ベスト3

みにいった展覧会がこれだけ少なくなって、果たしてベストを決めたりしてよいのだろうか、などと思わないでもないが、まあ一応恒例なので、やはりこれで締めくくらないと新たな年をむかえられないでしょう。なんて。

第1位 夏目漱石の美術世界展(東京藝術大学大学美術館)
夏目漱石の美術世界展
夏目漱石を軸に美術作品を集めるという企画がとてもおもしろいし、なにより展示そのものが楽しく刺激的に構成されていて、展覧会としての完成度が高かったと思う。ウォーターハウスの2点も来日していたし。

第2位 アントニオ・ロペス展(Bunkamura ザ・ミュージアム)
アントニオ・ロペス展アントニオ・ロペス展2
アントニオ・ロペスの名前しか知らなかったのにチラシで見た《マリアの肖像》に魅せられて展覧会に足を運び、この作家に触れた。そういう展覧会との幸運な出会いに感謝している。

第3位 和様の書(東京国立博物館平成館)
和様の書
書を自分がどれくらい楽しめるのだろうかと思いつつ出かけ、和様の書の美しさ、多様さ、そして個性に触れ、日本語の見た目の美しさにうっとり、眼福にあずかった。

次点 貴婦人と一角獣展(国立新美術館)
貴婦人と一角獣展
6枚の巨大なタピスリーが広くて高い空間を埋めているその景色だけでもう圧倒された。その展示空間にいる不思議な感覚こそが、この展覧会を何か得難いものにしてくれた。
カイユボット展と迷ったのですが。


みた展覧会は年々減っていくばかりで、みのがして悔いを残すこともしばしば。今年ちゃんと行けばよかったと思う展覧会のいちばんは京都展(東博)かな。
毎年同じことを書いているけど、後悔しないように来年はもっと展覧会に出かけたいものです。
ではみなさん、よいお年を。

2017.04.29 Saturday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 20:26
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
私的ベスト企画。展覧会編です。今年観た展覧会のベスト10をピックアップしてみました。 2013年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「アンドレアス・グルスキー展」 国立新美術館 この一位は不動です。人はどこまで貪欲にモノを捉えようとするのか。広がる景色に遍在す
  • はろるど
  • 2014/01/01 12:54 PM
さて、2013年のギャラリー・展覧会巡りも終了したということで、恒例の今年の展覧会を記録しておこう。以下、並び順はおおむね上の方が最近の展覧会である。「:」以降は一言感想、最後の「!」は特に感慨のあったものに付けてみた。 札幌芸術の森美術館「アクア-
  • 散歩日記X
  • 2014/01/01 1:18 PM

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK