2012.09.01 Saturday

ベルリン国立美術館展@西美

国立西洋美術館で開催中の「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」をみた。

ベルリン国立美術館展

上野では、同時にフェルメール《真珠の耳飾りの少女》で人気の「マウリッツハイス美術館展」が開かれているが、一方、こちらの目玉はフェルメール《真珠の首飾りの少女》で、タイトルだけ見ると、紛らわしいことこの上ない。

《真珠の首飾りの少女》は日本初公開だとか。耳飾りのほうとの相乗効果もあってか、かなり賑わっていて、フェルメール人気にあらためて驚く。
とてもきれいな構成と、切り取られた穏やかな一瞬がフェルメールらしい作品だと思うが、個人的にはあまり魅力を感じない。理由はたぶん、少女が少女に見えないからだろう。

ひとつの美術館の作品で構成される企画展となると、なんらかの切り口が必要になるが、今回はそれがヨーロッパ美術の400年というテーマになっている。が、あまり堪能した気がしない。彫刻は充実していたようにみえたが、どうも絵が物足りなかった。そのなかでは、レンブラント派《黄金の兜の男》の、まさに黄金の兜の輝きはほんとうに黄金に光が当たっているようで気に入ったが、そういえば顔はいまいちだったな。

自分にとってはストライクゾーンから外れていた展覧会だったということだろう。身も蓋もない感想でごめんなさい。この後、常設展ですばらしい、自分好みの作品をたくさんみたせいで、余計にそういう感想になってしまいました。

2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 18:41
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK