2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2012.03.10 Saturday

望郷というより異郷:山口晃展「望郷ーTOKIORE(I)MIX」

山口晃展_望郷機会があればみるつもりにしている山口晃。現代アートのことはよくわからないが、山口晃作品をみるのは楽しみだ。作家自身が楽しんでいるように感じるし、自分も楽しくなるから。

銀座のメゾンエルメスで山口晃展が開かれていたのをすっかり忘れていて、思い出したからにはすぐに行かねばといそいそと地下鉄に乗る。
地上へと上がると、はてどこが入口やら。この時点ですでに、まるで異次元空間にでも誘われているように感じる。係の人に親切に教えてもらってショップ内のエレベーターで上がる。こんな自分とは縁のなさそうな場所に向かうこと自体、すでに異次元だ。

到着したその空間はがらーんと広い。その広い壁面のひとつが電柱と電線で埋まっている。
《忘れじの電柱》
電柱と電線といえば、今やアニメの重要なアイテム。近頃、自宅周辺では電柱電線が減っていることもあって、電柱を見ると、第3新東京市で電線がひゅんひゅんと唸りを上げるシーンが頭をよぎる。しかしここ銀座にある電柱はグレーでもなくて、どこでも見たことがない。やはり自分は異空間にいるのだ。

背後を振り返ると、ぽっかり開いた入口から明るい中の部屋が見える。ソファや電話があって、事務室かと躊躇するが、入口の様子がなんか変だ。入ってみると、忍者屋敷のように傾いている。
《正しい、しかし間違えている》
やはり異空間。

もうひとつの空間には東京を俯瞰した横長の屏風。明らかに描きかけだが、左右と真ん中がバランスよく描かれていて、この段階で終了しても完成と宣言できるようにみえる。雲がとてもきれい。
《Tokio山水(東京圖2012)》
近づいて建物をじっくり見ていくと、ビルの屋上に櫓が建っていたり、なんとなく違う建物があちこちにあって、知っている東京だけど知らない東京でもある。

自分はどこにいるのか。異次元に迷い込んだような空間に惑わされながら会場を後にした。
またしてもどこから地下に戻っていけばいいのかわかりにくくて、たくさんの人が行き交う地下街にようやく出たときには、本来自分が属している世界に戻ってきたんだなと実感できる、そんな不思議なひとときだった。


2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 01:12
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    キリる
  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    yuasa
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK