2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2011.08.15 Monday

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展@国立新美術館

国立新美術館「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」 2011.6.8-9.5
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
この頃、印象派と聞くと、自分はそれほど印象派のことが好きではないのでは、と思いつつ、積極的に足を運ぶという態度にはならなくなっている。とはいえ、印象派の素晴らしい作品がたくさん存在していることも事実で、本展には《青いひじ掛け椅子の少女》を筆頭に一度は観ておきたい作品がいくつも来日しているので、当然でかけることになる。
でもって、いやはや圧倒されました。印象派もポスト印象派も、期待以上の作品が次から次へと現れて、単館コレクションでこれほど充実したものをみせられたのは久しぶりな気がする。

本展では、誰もが知ってるビッグネームの傑作を自分もストレートに堪能した。手抜きと言われようが、ただ画像だけを並べてみる(どの作品もくどくどと感想を書くことはいくらでもできるけど、この際そんなのはもういいでしょう!ってな感じで)。
マネ_鉄道
エドゥアール・マネ《鉄道》
モネ_日傘の女性、モネ夫人と息子
クロード・モネ《日傘の女性、モネ夫人と息子》
カサット_青いひじ掛け椅子の少女
メアリー・カサット《青いひじ掛け椅子の少女》
セザンヌ_りんごと桃のある静物
ポール・セザンヌ《りんごと桃のある静物》
セザンヌ_赤いチョッキの少年
ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》
ゴッホ_薔薇
フィンセント・ファン・ゴッホ《薔薇》

企画展なんてものは自分が本気で観たいものが1点あれば出かけるモチベーションになるわけですが、これだけ揃っていることはそうそうないでしょう。いや〜壮観。なかでもセザンヌの凄さには背筋がゾクッとしました。まさに「奇跡のコレクション」。

おまけは版画。アヒルの愛嬌と浮世絵風のひとコマ。
シスレー_川岸
アルフレッド・シスレー、オーギュスト・クロ《川岸》
カサット_浴女
メアリー・カサット《浴女》

文句なしの企画展。絶品でありました。
そして、83点のうち72枚もポストカードを用意してくれた衝撃にあつく感謝! ちなみに、ポストカード人気第1位はゴッホ《薔薇》、第2位がモネ《日傘の女性、モネ夫人と息子》だそうだ。


2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 22:49
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」チラシ表裏 >地下鉄の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」ポスター 国立新美術館で「ワシントンナショナルギャラリー」を観てきました。観に行ったのはちょうど1週間前の7月4日月曜日のことです。最近、国
  • とんとん・にっき
  • 2011/08/22 12:37 AM

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK