2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2011.03.18 Friday

大地震の日の記録

11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震から1週間が経過した。
多数の死者・行方不明者が出て、多くの被災者が苦しんでいる。時間はかかるだろうが、日本に住むみんなが気持ちを一つにして、一日も早くごく当たり前の日常が戻ることを祈っている。

今回は、東京23区内で働き、暮らしている僕の、大地震が発生した日の極私的な記録。

そのとき僕は職場でパソコンを前に仕事中。揺れ始めたので立ち上がり、周囲の様子をうかがっていると、だんだん大きくなってきたので、近くにあるロッカーを押さえたほうがいいかなと思っているうちに、これまで一度も経験したことのない揺れになった。建物のきしむ音が聞こえ、驚くほど大きく揺れたため、とりあえずデスクの下にもぐりこむと、明かりが一瞬消える。
デスクの下でからだを丸めながら、もしビルが崩壊したら助からないかも知れない、連れ合いはどうしているだろうかと考えた。ここまで地震の恐怖を身近なこととして感じたのは初めてだった。
落ち着いてからデスクの下からは這い出したが、その後も大きな余震が続き、いったい何が起こっているのだろうと気になる。職場の被害を一回りして確認。いくつかのロッカーが倒れ、電話回線が不通になる。もちろん携帯電話はつながらない。エレベーターも止まっている。

しばらく様子を見て、さすがに本震以上の余震はないだろうと、ガスの元栓などを確認、声を掛け合って階段で外に出て、窓ガラスなどの落下物に注意しながら近くの公園に避難した。普段はそれほど多くの人が歩いていない場所なのに、公園はほぼいっぱいだった。外では揺れは感じにくいが、電柱の標識がときどき揺れているので余震が来ていることはわかった。
少ししたところで、連れ合いから無事とのメール。返信しようとしたが送れない。そうこうするうちに30分ほど経っただろうか。徐々に戻る人も出始め、われわれもビルに戻ることにした。

電車はすべて止まっている。バスやタクシーは動いているようだが、渋滞で進まないとか。ここで決断するのは、電車が復旧するまで職場で待つか、歩いて帰るかということ。
歩いて帰れそうな人が徐々に職場を後にする。遠くて歩けそうにない人、当日の電車の回復が見込めない人は早々に居残りを決める。
連れ合いからは、職場の人たちと帰路に着いたとのメールが届いた。できれば合流したいが、連絡が取れないので、帰宅するしか方法がない。地下鉄が復旧するのを待つ手もあったが、いつになるかわからないし、体調が悪かったのでむしろ帰りたいと強く思った。
僕はやりかけの仕事をしばらく進めてから、日が暮れたころ、居残り組に別れを告げ、非常食のお菓子一つと水をカバンに入れて帰路に着いた(いつも持ち歩いているノートブックをその日はたまたま持って出なかったのは運がよかった。まあ体調が悪かったからだけど)。
帰宅までの予想タイムは2時間。

歩道は人で溢れていた。途中の外食チェーンでは食事をする人、席が空くのを待つ人で混雑していた。コンビニや公衆電話にも行列。ちなみに、家に辿り着くまででいちばん長い行列が出来ていたのは吉野家だった。誰もが自分のこと家族のことなど、いろんな心配事を抱えながら、今できることをしようとしているようにみえた。
たくさんの人がそれぞれの方向に混乱もなく歩いている。これってすごいことなんじゃないかと思った。なかにはヘルメットをかぶって、ポンチョ型の毛布を羽織っている人もいて、職場の備えがいいんだなと羨ましくなった。交番の警察官も、たくさんの人から道を訊かれているだろうに、僕が見かけた限りではどの警察官もとても丁寧に対応していた(むしろ普段より丁寧に見えた)。

思い描いていた道を辿りながら考えたのは、いかに自分に備えがなかったかということである。職場でも自宅でも地震の備えは全然出来ていなかった。帰り道のルートのシミュレーションもせず、モバイル機器が使えなくなるとも考えずに、地図すら用意しなかった。
甘い、甘いよ!と自分の不甲斐なさを罵りたくなった。

案の定、途中で道を誤った。知っている道だと入った道が一本違っていたのだ。それは早い段階で気づくことなのに、最初の疲れがきていたのだろう、判断力が鈍っていて、引き返すという決断ができなかった。想定していたコースに戻るまでに、混雑でなかなか進めない道に入らざるを得なかったことも含めて、30分近くロスしたのではないか。
とにかく想定ルートに戻った頃、脛がつりそうになった。革靴というハンディを差し引いても運動不足すぎるだろうとがっかりしたが、やがて気づいたのは、自分の歩き方に問題があるということだった。ずいぶん昔に右足に大怪我をしたときの古傷を無意識にかばう癖があるのは理解していたが、途中から右足の踵の外側が痛み出した(結局、その部分を痛めてしまい、それから4日間ほど足をひきずるはめになった)。

連れ合いからうちに辿りついたとのメールが来た。ほんの少し落ちたものがあったものの、それ以外に被害はなかったとのことでひと安心。地震への備えはしていなかったが、全体的にモノを低く揃えていたことが幸いしたのかもしれない。
それから1時間弱で僕も帰宅、お互いの無事を喜び合った。スムースではなかったが、2時間半ほどで帰りつけたことになる。その後、自宅にあるもので食事をしたら、ようやく落ち着いた。
連れ合いは、会社のビルを外から見たときに豆腐のようにくねくねとするのを見て恐怖したとか。なかは天井の一部が落ちたり、書類が散乱、ひどい状態だったと言いながら、携帯電話カメラの画像を見せてくれた。自分も職場の写真を撮っておけばよかった。連れ合いは自宅近くのコンビニ、スーパーに寄ってみたそうで、どちらもパンやおにぎりの類が全然なくて、とくにスーパーはひどい行列だったということだった。その日はそんな感じだったが、その後、買いだめが進行していると聞き、呆れるというより怒りを感じた。東京でそんなことをしている場合じゃないだろう、と。

東北地方を中心に地震と津波による被害はあまりに甚大で想像を絶する。人は自然のエネルギーに対してあまりに無力だ。
地震発生から数日間、僕に何が出来るだろうと考えつつ、ツイッターのタイムラインを眺め、みんなが知ったほうがいいと思う情報をリツイートしたりしながら、RTすることでかえってTLの重要情報の邪魔になるのではないかとか、いろいろ考えてしまった。フォロワーが少ないのであまり深く考える必要もなかったかもしれないが、せめて怪しい情報は流さないように心がけた。
こうしてパソコンを起ち上げていていうのもなんだが、節電くらいはと実行している。東京でも長く不自由な状況が続くかも知れないが、被災地のことを思えば、全然たいしたことじゃない。バカげた風評に惑わされない冷静な判断力も要求されるし、行動に際して、それがどういう影響を及ぼすかもよく考える必要がある・・・・・・と自分に言い聞かせている。

1週間というのは短いようで長い。最初の区切りの日を迎え、少しずつでもよい方向に向かうことを信じている。


2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 22:54
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK