2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2011.01.29 Saturday

歴史を描く@山種美術館

山種美術館「歴史を描く―松園・靫彦・古径・青邨ー」 2011.1.8-2.17

歴史を描く
山種が誇る近代日本画から歴史を描いた作品を集めた展示。これまでに別の形で何度も目にしてきた作品もあれば、初めて聞く作家の名前もあって、山種らしさに納得。

とくに安田靫彦と小林古径が好きなので、それだけで駆けつける理由になるわけだけど、今回、自分が意外に前田青邨のことを気に入っていることに気づかされた。
<大物浦>の大胆な構図と、荒々しい海の様子を表している濃い青の不穏さ。
若き吉田松陰の意志が眼光に宿っている<蓮台寺の松陰>も好きだ。
たぶん初見の<三浦大介>(みうらおおすけ。ハマの番長とは違う)以外は何度か見ているが、これだけの点数をまとまって見たのは初めてかもしれない。<異装行列の信長>もあったし、こうなると<腑分け>も歴史画扱いで出してもよかったのではないかと思うのだが。
前田青邨_腑分け
前田青邨<腑分け>

当たり前に好きな安田靫彦<壬生忠岑><出陣の舞>小林古径<蛍>、<西行法師>伊東深水<吉野太夫>のほか、厳島神社に『平家納経』奉納に向かう舟の一行を、絢爛にやや大げさに描いたような守屋多々志<平家厳島奉納>、西行法師と吉野山の背景が意外にはまっている羽石光志<吉野山の西行>などがなかなか楽しかった。

前田青邨_異装行列の信長 安田靫彦_出陣の舞
描かれた信長の年齢は違うので単純に比べられないけど、前田青邨<異装行列の信長>(左)は肖像画に捉えられずに自由な信長像を描き出している。一方の安田靫彦<出陣の舞>はザ・信長という感じだ。

歴史画の楽しみは、作家がいろいろなものからインスパイアされ、そして想像力をふくらませてどう描いてくれるのか、というところにあって、さらに、やはりロマンを感じさせてくれれば尚のこといい。
そういう意味でとても楽しい展覧会だった。
 
あと、上村松園がぞろっと出ているので、好きな方はお見逃しなく。

2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 20:48
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
こんにちは
>みうらおおすけ。ハマの番長とは違う
元・関西人の面目躍如と言うてもいいですか。
武内宿禰、浦島太郎、三浦大助の三人が「めでたい長寿三人組」として、絵になるのが多いんですけど、あと二人は出ませんでしたね。

青邨の凄い名品に「知盛幻生」というのがありますが、その一連の作品を追うと、いよいよ大ファンになりますよ〜山種でもだいぶ前に回顧展しましたから、そろそろしてほしいです。
  • 遊行七恵
  • 2011/01/31 5:12 PM
★遊行七恵さん、こんばんは。
ベタですみません。野球からすっかり縁遠くなりましたが、我慢できなくて。

「知盛幻生」さっそくググってみました。個人蔵で、4年程前の浜松市立美での前田青邨展に出ていますね。画像で見る限り青邨らしくて、是非実物を見たいものです。
  • AR
  • 2011/01/31 10:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
山種美術館「歴史を描く 松園・古径・靫彦・青邨」を見て来た。 歴史画、物語絵というものがとにかく好きである。 抽象画に無関心なのは、わたしの根がここにあるからだと思う。 絵そのものに文芸性がある...
  • 遊行七恵の日々是遊行
  • 2011/01/31 10:16 PM
 「歴史画を描く―松園・靫彦・古径・青邨―」展チラシ、画像は小堀鞆音「那須宗隆射扇図」  山種美術館で開催されている「歴史画を描く―松園・靫彦・古径・青邨―」展を観てきました。タイトルにもある通り「松園・靫彦・古径・青邨」が出てくるのですから、凄
  • 2011/02/09 1:54 AM

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK