2011.01.16 Sunday

琳派芸術 第1部 煌めく金の世界@出光美術館

出光美術館「酒井抱一生誕250年 琳派芸術―光悦・宗達から江戸琳派」
第1部 煌めく金の世界 2011年1月8日-2月6日

琳派芸術

第1部は光悦・宗達から光琳が中心。本阿弥光悦書・俵屋宗達下絵<蓮下絵百人一首和歌巻断簡>から始まる。宗達金銀泥下絵の頂点とされるものだが、絵と文字が絡まり合うことで、さらなる高みをみせてくれる。
その表現によって宗達本人の手が入っていると確信されている、俵屋宗達<扇面散貼付屏風>に続いて、金屏風たちが姿を現す。
同じく宗達自信が描いたという説がある伝俵屋宗達<月に秋草図屏風>。宗達派を示す「伊年」印<四季草花図屏風>などの作品と比べると、余白の味わいなど、やはり空間の処理が違う気がする。
伝俵屋宗達_月に秋草図屏風

伝尾形光琳<芙蓉図屏風>。初見だと思う。芙蓉の群生する様を銀泥などで描いて、黒化してしまっているが、芙蓉の配置に独特の緩急がみられる。もともと六曲一双のものを六曲一隻に改装したものらしいが、美しいリズムにしばらく見惚れる。今回の収穫。
人物を描いた尾形光琳<太公望図屏風><白楽天図屏風>、その間に展示されていた伝尾形光琳<禊図屏風>の3点ともにすばらしいもの。

最後に琳派の水墨画。
斬新な構図と空気感がすばらしい俵屋宗達<墨梅図>、そしてそれに呼応するような構図に抱一らしい情緒が加わった酒井抱一<白蓮図>が光っていた。伝俵屋宗達<龍虎図>尾形光琳<竹虎図>などのユーモラスな作品、かっちりした印象の水墨画、鈴木其一<雑画巻>も。

ほとんどの作品は過去の琳派展などでみている。それでも足が向いてしまうのが、琳派の吸引力なのだ。
第2部は酒井抱一を中心とする江戸琳派。楽しみだ。


2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 22:53
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
酒井抱一生誕250年 琳派芸術 −光悦・宗達から江戸琳派−  第1部 煌めく金の世界 1/8〜2/6  第2部 転生する美の世界 2/11〜3/21 4つの章立てになっています。 1章 美麗の世界 2章 金屏風の競演 3章 光琳の絵画 4章 琳派の水墨画
  • 南風録ぶろぐ
  • 2011/01/17 9:09 PM
出光美術館(千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階) 「酒井抱一生誕250年 琳派芸術 第1部 煌めく金の世界」 1/8-2/6 酒井抱一の生誕250年を記念して、光悦・宗達から江戸琳派までを総覧します。出光美術館で開催中の「酒井抱一生誕250年 琳派芸術 第1部 煌めく金の世界
  • はろるど・わーど
  • 2011/01/30 8:23 PM
「琳派芸術第1部煌めく金の世界」展、チラシ 出光美術館で「琳派芸術 第1部 煌めく金の世界」展を観てきました。いつもの如く、行ったのは14日の金曜日夜、そうです、6時から「列品解説」があるからです。さすがに今回は「琳派」ということで、たくさんの人が「
  • とんとん・にっき
  • 2011/02/06 12:43 AM

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK