2010.07.18 Sunday

奈良の古寺と仏像:東京展

平城遷都1300年記念「奈良の古寺と仏像 會津八一のうたにのせて」東京展を三井記念美術館でみてきました。

同展についての記者懇談会(2010.2.16)の記事はこちら→「奈良の古寺と仏像」展のみどころ

奈良の古寺と仏像東京展
20107.7-9.20

まずは飛鳥・奈良時代の金銅仏が並ぶ。重文ばかり。それぞれの時代で特徴があることがなんとなくわかる。押出仏というものがあることも初めて知ったという勉強不足。

奈良の古寺と仏像I(東大寺・西大寺・唐招提寺・薬師寺)

東大寺 四天王立像(重文・鎌倉時代)がどーんと登場して目を奪われる。東大寺では戒壇堂の四天王が有名だが、こちらは地蔵堂だとか。法華堂にもあるらしいし、恐るべし東大寺。
四体とも迫力があるが、なかでも持国天の取り澄ましたようなポーズがなんといもいえず魅力的だ。

五劫思惟阿弥陀如来坐像_東大寺
東大寺 五劫思惟阿弥陀如来坐像(重文・鎌倉時代)
パンチの効いたアフロ。救済の方法を長年考え続けた結果、こんなにも髪が伸びてしまった。修行には時間がかかるのだ。でも顔はちょっとかわいい。

塔本四仏像_西大寺
西大寺 塔本四仏像(重文・奈良時代後期)
以前に聞いたところでは、四体が揃うのは約20年ぶりとのこと。顔はつくりや表情が全然違っておもしろい。誰かによく似た顔だったり。

もうひとつ、気に入ったのが薬師寺 地蔵菩薩立像(重文・平安時代)。柔和な表情に心が洗われる気がした。

奈良の古寺と仏像II(長谷寺・室生寺・當麻寺・橘寺・法隆寺・大安寺・秋篠寺・元興寺)

釈迦如来坐像_室生寺
室生寺 釈迦如来坐像(国宝・平安時代)
息を飲む見事な美しさ。その美しさのなかから、あーこれが仏像の力なんだと感じるようなパワーが伝わってくる。「彫刻史上、屈指の名作」とはこういうものなのか。

夢違観音_法隆寺
法隆寺 観音菩薩立像(夢違観音)(国宝・奈良時代前期)
この像に祈ると悪夢を良い夢に変えてくれるという信仰から夢違観音と呼ばれる。つるんとした柔らかな体つき。連れ合いがえらく熱心に見ていると思ったら、なにかをお願いしていた様子。夢を叶えてくれるわけではないと思うんだけど。

広目天立像_大安寺
大安寺 広目天立像(重文・奈良時代後期)
密かにいちばん気に入ってたりする。なぜかって?
「うわ、やばい、もうこんな時間やん!」
おそまつ。


もともと仏像に大した関心はなかったものの、東博「阿修羅展」をみて以来、仏像の魅力にやられてしまっている。信仰心がなくても、仏像が醸しだすパワーを感じるし、もちろん美術品としてすばらしいから。お気に入りの一体を見つける楽しみもある。
これだけの仏像を一度に間近でみられるのは幸せです、ほんと。

このあと、1Fロビーで「小川晴暘没後50周年記念写真展 祈りのかたち」をみてから、三越本店で「入江泰吉写真展〜奈良・大和路巡礼の旅〜」をみた。
仏像の魅力を引き出す写真家たちの仕事を素直にすばらしいと思う。奈良への思いがこもっている入江の風景写真に郷愁を誘われる。

入江泰吉写真展開催記念の三井記念美術館・奈良まほろば館・三越3館めぐりスタンプラリーをやってみた。最初はどうでもよかったのだけど、記念品って何がもらえるんだろうと思うと、やらずにはいられなかった。
で、入江泰吉の写真ミニクリアファイル、二人分もらいました。おおきに。
入江泰吉ミニクリアファイル







2017.04.29 Saturday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 09:50
  • -|
  • -

コメント
こんばんは。スタンプラリーは私も記念品が気になって参加してみました。
夕陽に染まるお寺のファイル、なかなか気に入ってます。

>「うわ、やばい、もうこんな時間やん!」

確かに!とてもリアルでしたよね!

三井は全てケース入りですが作品と距離が近いのが嬉しいですよね。
滅多に拝めないという釈迦如来まで拝見出来てとてもよかったです。
★はろるどさん、こんばんは。
やっぱり記念品が何か気になりますよね。3館とも近くて回りやすいし、ポストカードあたりかなと思っていたので、ファイルはポイント高いです。
大安寺の広目天立像はソファのあたりからだと、まさに腕時計を見ているようで、ついうれしくなってばかなことを書いてしまいました・・・。
どれも目の前で見られてうれしかったです。ケースがあるおかげでもありますね。
  • キリル
  • 2010/07/22 11:54 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
曾津八一のうたにのせてというサブタイトルがついてはいるが、八一の歌や書にはあまり興味が湧かなかった。あの枯れ枝のような堅い書には、あまり惹きつけられない。それよりも、奈...
  • つまずく石も縁の端くれ
  • 2010/07/18 9:55 AM
三井記念美術館で開催中の 特別展「平城遷都1300年記念奈良の古寺と仏像〜會津八一のうたにのせて」に行って来ました。 東京展の前、新潟で開催されていたこの展覧会、内容よりも会場その他が一時随分と話題になりました。当初開催を予定していた新潟市美術館(
  • 弐代目・青い日記帳 
  • 2010/07/18 10:31 PM
三井記念美術館(中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階) 「奈良の古寺と仏像 會津八一のうたにのせて」 7/7-9/20 平城遷都1300年を祝し、奈良の古寺の仏像群を展観します。三井記念美術館で開催中の「奈良の古寺と仏像 會津八一のうたにのせて」へ行ってきました。
  • はろるど・わーど
  • 2010/07/22 12:46 AM

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK