2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2008.11.30 Sunday

アンドリュー・ワイエス展(Bunkamura ザ・ミュージアム)

「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」Bunkamura ザ・ミュージアムでみた。
夕方、オーチャードホールで音楽を聴くことになっていたので、その前の時間を利用しての鑑賞。

ワイエス展01  ワイエス展02
アンドリュー・ワイエスは91歳の現在も活躍中の作家なので、画像はこちらのチラシで(いつもより拡大されます)。

アンドリュー・ワイエスをみるのは青山ユニマット美術館での「アンドリュー・ワイエス展」以来。そのときの記事を読み返してみると、まったく知らないでみていたことがよくわかる。それからとくに知識が増えたわけではないけど、少しは見方が変わるかもしれないと入場。

ワイエスは気になったものを見つけると、鉛筆かペンでデッサンし、水彩、ドライブラッシュ(水彩の技法)、テンペラへと進めて行く。最終的にテンペラにまで至らなくても完成をみているものがあるので、テンペラになっていないものが必ずしも未完成というわけでもないらしい。
例えば、紙に鉛筆で描いた《私の姉》(1967)について作家は「この素描は完璧そのもので、これをもとに本画を制作することはしなかった。私は他の画材でこの肖像を描き直すことは不可能だと悟ったのだ」と語っている。

本展は、テンペラで本画制作されたにせよ、されなかったにせよ、そこに至る前の段階の素描や水彩の習作が多く出品されているのが特徴といえる。下絵をたくさん描く画家は数あると思うが、こういう形で展示されていると非常に興味深い。とくにワイエスの場合、モチーフや構図が大幅に変わっていることがよくあるし、その一部を取り出しただけのものもあるから余計だ。

そういう展示であることもあって、青山でみたときと違って、今回はとにかく素描のすばらしさに完全にやられてしまった。
チラシになっているテンペラ本画《火打ち石》(1975)は、まるで何百年も生きたゾウガメのような生命力と存在感にあふれた石が描かれているが、それまでに少なくとも7点の習作が描かれているのだという。出品されていた《火打ち石》習作(作品No.81)は、紙と鉛筆による質感によってその場所の雰囲気が強烈に伝わってきて、ややつるんとしているテンペラよりもずっと強い印象を受けた。

これもテンペラに至った《粉挽き小屋》(1962)。その鉛筆の素描《粉挽き小屋》習作(No.101)の、黒く描かれた部分が少ししかない、かなり白っぽい画面にはとても驚いた。ほかにも同じ印象をもったものがたくさんあったのだけど、とても少ない描き込みで、ものの特徴や場の雰囲気を見事に捉えている。こんなふうに鉛筆で描けるものなのかと、目を開かれる思いがした。
《冬の水車小屋》(1978)の場合、水彩なんだけど、石造りの家の冷たい質感が水彩とは思えないようなモノトーンで描かれていて、鉛筆のデッサンに通じるものがあった。

《野に置かれた義手》(1985)というドライブラッシュ・水彩作品がある。白っぽい丸太が画面の半分を占め、そのうえにぽつんと置かれた義手、丸太の向こうには黒人男性の首から上が描かれている。丸太の堅そうな質感がリアルに描かれいる一方で、手前に生える草の葉はまるで日本画のようなあっさりとした描き方で、それが組み合わされてとても締まった画面になっているように思った。

ワイエスの魅力はどこにあるのか。
青山でみたときは、モノトーンで描かれた墨絵のような世界に一瞬のドラマと寂寥感が広がっているように感じた。ところが今回感じたのは、ワイエスの対象を捉える目に宿る深い感情、とくに愛情だ。描きたいと思ったものに注ぐ深い愛情こそが、ややもすると平凡な景色や光景に見えてしまうものに一瞬の輝きを与えているのかもしれない。
モノトーンの世界だけに限らず、ほんのり色をつけて際立たせるような手法を使った作品もあるが、やはり圧倒的な部分は、抑えた、モノトーンに近い世界で構成されていて、それがさまざまな感情を呼び起こす要因になっている気がする。


もともと図録を買うつもりはまったくなかったのだけど、素描があまりにすばらしかったので、なかなかこういう素描が掲載されているワイエスの画集は少ないと思い、買ってしまった。ぜひ、絵を描くときの参考にしてみたい。

ワイエス展03おまけ

2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 02:43
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「アンドリュー・ワイエス」展チラシ2種 Bunkamura ザ・ミュージアムで「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」展を観てきました。 (画像のみ、記事、書きかけ) 左:「自画像」1938年 個人蔵 右:「幻影」1949年 ニューブリテン美術館
  • とんとん・にっき
  • 2008/11/30 8:50 PM
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 「アンドリュー・ワイエスー創造の道程」展に行って来ました。 日本人に最も受けのいいアメリカ人画家アンドリュー・ワイエス. アメリカ人がこれほどまで寂寥感を覚える作品を描くことにまず驚かされ、そしてワイエスの
  • 弐代目・青い日記帳 
  • 2008/12/12 10:14 AM

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    キリる
  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    yuasa
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK