2008.11.03 Monday

大琳派展:風神雷神図屏風

東博「大琳派展」3回目。待望の風神雷神図屏風勢揃い。

宗達_風神


大琳派展もいよいよ終盤。風神雷神図屏風が揃ってますます盛況。
予想どおりの混雑ぶりだったものの、広い展示スペースに展示されているし、みんな思い思いに行ったり来たり動きがあるので、意外によくみえる。一度に下のほうまで全体像をみるというわけにはいかなかったけど、出光美術館での揃い踏みのときよりは、比べながらゆったりみられた気がする。

風神雷神図屏風(宗達)
俵屋宗達《風神雷神図屏風》
琳派を象徴する画題、風神雷神図屏風。本展では鈴木其一《風神雷神図襖》も出品されていて、それはそれでなかなかに興味深い作品だけど、この宗達の屏風が登場するまで、風神雷神が主役となった巨大な屏風は存在しなかったということから考えても、屏風であることは欠かせないように思う。
そういう意味で、宗達オリジナルといえるこの屏風は、宗達最晩年に制作されたとの説が有力で、宗達の最高傑作と呼ぶことに大きな異論はないだろう(風神雷神についてはもちろんルーツが求められるわけだけど)。落款も印章もなくても、宗達以外が描いたとは考えられない、というほど宗達らしい作品というわけである。

風神雷神は軽やかにのびのびと自由に空の上を、雲を従えて駆け回る。表情や動きにはダイナミックさと、ある種のユーモアも感じられる。
風神と雷神を両端の上のほうに配置することで、真ん中と下方の空間に雄大な広がりをつくりだし、それによって二神が天上の存在であることが示されている。とはいえ、その表情は怖い神様のそれではない。雲は形態よりも濃淡というか雰囲気が重視されているように感じる。
二曲一双という形式は宗達以前に作例が知られていないとか。ではなぜそういうサイズになったかというと、縦横比率が一隻なら色紙、一双なら扇面に近いことから、どちらも宗達が得意としたもので、その構図感覚を活かすことができた、というのだ。

光琳や抱一の作品は保存状態がいいので、それと比べると剥落や汚れがあるため、古さがいい味を出している。色はどうだろう。多少は褪色があるかもしれないが、勝手に想像すると、やはりそれなりの落ち着いた色だったのではないだろうか。

この屏風をみると、なにか独特の高揚を感じる。絵そのものの圧倒的な魅力と謎。これほどに魅きつけられる作品は、今のところほかにない。

光琳_風神雷神図屏風
尾形光琳《風神雷神図屏風》
宗達作品からおよそ80年ほども後、光琳は妙光寺で風神雷神図屏風に出会い、模写した。薄紙を置いて輪郭を忠実にトレースしたのだという。しかし、風神雷神はやや下に降りている。屏風がやや大きかったがために、上に空間が空いてしまっただけなのか、画面の安定感を求めて下げたのか、どちらだろう。
細部にも光琳ならではのアレンジが加えられている。下界を見下ろしていた雷神の瞳は、光琳のそれでは風神と視線を交わしている。表情、雲、色などなど、さまざまな差異を、宗達作品に直に接した光琳がつくりだしているからこそ、光琳らしさが表現されているといえるだろう。
実は今回、遠目で漫然と眺めていたら、光琳の風神雷神もなんだか味わいがあってなかなかいいなと思った。ちょっと親しみやすさに安心感をおぼえるものがあったのかも。

抱一_風神雷神図屏風
酒井抱一《風神雷神図屏風》
抱一は宗達の風神雷神図屏風をまったく知らず、光琳のそれがオリジナルであると考えていた可能性が高いのだという。しかも一橋家の所有だったので、トレースするなど畏れ多くて、縮小模写するのがせいぜいだったと想像されている。そう考えながらみると、目に焼き付けた記憶を思い起こしながら、なんとか再現しようとした抱一の想いが強く伝わってきて、かなり違うものになっていることなんて、その想いからすれば些細なことのように思えた。
それにしても、光琳作品とも大分違っているし、宗達作品とはほとんど別物のようになっている。ここまでいくと、さすがに光琳の作品に感じた親しみとは別の感情を抱いてしまう。


風神雷神図屏風には琳派が琳派であるという、根っこにあるようなものが感じられ、興味が尽きない。本展では「継承と変奏」、出光美術館では「継承と創造」とのサブタイトルがつけられていたが、そこに「発見」を付け加えてもいいかも、なんて思った。
抱一の場合、光琳の風神雷神図屏風の裏に描いた《夏秋草図屏風》という傑作がある。光琳の屏風の横にこれを並べて、抱一の風神雷神を、其一の襖をずらしてその場所に置いたら、さらに琳派らしさを感じることができたのではないのかな、なんて思いながら、その様子を想像してみた。

参考文献:
出光美術館『国宝 風神雷神図屏風 宗達・光琳・抱一 琳派芸術の継承と創造』
BRUTUS 2008年10月15日号(マガジンハウス)

宗達_雷神


大琳派展の第4期。このほかの作品も取り上げるつもりだったけど、なんか長くなってしまったので、また後ほど。
この続きはこちら

2017.04.29 Saturday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 23:57
  • -|
  • -

コメント
やはり、真打は風神雷人図屏風揃い踏みですね。
ここのところ続けて見ているので、それなりに
慣れて来ましたが。
それにしても、このように眺めることができて
幸せなことですね。
★一村雨さん、こんばんは。
これらの風神雷神図屏風が描かれた時代に、こう贅沢に鑑賞することはできなかったのですから、かなり幸せなことですね。「なんで同じものばっかりあるの?」なんて呟いている人がいましたが・・・。

一村雨さんのブログにどうにもコメントできないのでこの場で失礼します。
金曜日の夜は野暮用ばかりでなかなか美術館に行けないので、羨ましい限りです。
松本清張の描いた光悦が傲慢な人物というのにはびっくりです。辻邦生『嵯峨野明月記』ではまったく違う人物像でしたけど。
  • キリル
  • 2008/11/04 8:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK