2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2008.10.11 Saturday

ソフィア国立歌劇場《仮面舞踏会》

ソフィア国立歌劇場のオペラ、ヴェルディ《仮面舞踏会》を上野の東京文化会館で観た。
「大琳派展」をみたその夜。

ソフィア国立歌劇場_仮面舞踏会

18世紀のスウェーデン国王グスタフ3世暗殺事件を題材にしたオペラで、陰謀と予言と恋の誤解が絡み合うストーリー。舞台はボストンに置き換えられている。

次から次へと耳に心地よい旋律が出てきて、《仮面舞踏会》をヴェルディの最高傑作だという人がいるのもうなずける。物語そのものはいまいちだと思うけど、歌と音楽と物語が緻密に交錯してドラマ性は高い。
印象的だったのは主人公の総督リッカルド(テノール)を歌ったカメン・チャネフ。すばらしく張りのある、よく通る声がよかった。メイン3人のうち、ほかの2人が体格がいいので、総督がかなり小さく見えたけど。
ヒロインのアメーリアを歌うのはマリアナ・ツヴェトコヴァ(ソプラノ)。佐藤しのぶの回もある。


今年のオペラは、1月のマリインスキー・オペラ《イーゴリ公》、9月のプラハ室内歌劇場《セビリアの理髪師》に続いて3回目。こんなにオペラを観た年は今までなかった。今回確認できたのは、やはりオペラも音楽なんだなということ。
バレエでも、チャイコフスキーの3大バレエはやはり音楽が圧倒的に素晴らしいから、バレエの楽しさをさらに高めてくれるけど、ジゼルあたりになると、音楽のしょぼさに眠くなる。

ちなみに来年はピアノの予定がいくつか入っているので、ピアノ・イヤーになるのがすでに確定。全部の感想は無理そうだなー。

2017.06.11 Sunday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 22:54
  • -|
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK