2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • -|
  • -

2007.06.10 Sunday

「山種コレクション名品選」(後期)をみて

山種美術館で「開館40周年記念展 山種コレクション名品選」(後期)をみた。
前期はこちら

山種コレクション名品選チラシ 

まず、福田平八郎《筍》(1947年)に再会。このユーモラスさは何なんだろう。
筍ふたつだけでは淋しいので落葉を線描きで添えてみた、とあったが、デザイン的な落葉によって筍が引き立っていた。

上村松園《牡丹雪》(1944年)
上村松園《牡丹雪》(1944年)。
余白の効果を活かしたうっとりするような構図の美しい絵。控えめな数の牡丹雪の形が模様のようで面白い。ふたりの女性の動きがとても生きている。今までみた松園のなかでいちばん好きな作品。

速水御舟《秋茄子》(1934年)
速水御舟《秋茄子》(1934年)。
中央に集まったつるが生きて今ものびているふう。つるのうねりと葉の広がり、茄子の実と花とバッタがアクセントになって無限の広がりをみせている。

速水御舟《白芙蓉》(1934年)
速水御舟《白芙蓉》(1934年)。
墨の薄さが味わい深い。そして白さを強調していない白芙蓉との調和が、緊張感漂う凛とした美しさを湛えている。

俵屋宗達下絵・本阿弥光悦書《四季草花下絵和歌短冊帖》(17世紀前半)のうち「浜松」「椿」「朝顔」
俵屋宗達下絵・本阿弥光悦書《四季草花下絵和歌短冊帖》(17世紀前半)。
ここに掲載したのは、このうち「浜松」「椿」「朝顔」。
こうした草花や木、鳥に至るまでを形だけで表現する装飾性が際立っている。書のほうはよくわからないけど、絵とマッチしている。

小林古径《清姫》(1930年)。8面からなる連作からは、あまり多くを語らないシンプルな表現に絵物語的な独特なものが感じられた。それにしても、旅の僧である安珍に恋焦がれるあまり、大蛇になって後を追い、火焔で焼き殺してしまうなんて。最後の一枚《入相桜》は憐れで寂しげだ。

そして奥の部屋に移る。
後期の目玉は何といってもこの傑作。
速水御舟《炎舞》(1925年)
速水御舟《炎舞》(1925年)。
暗い部屋に入ると、奥の壁で炎が舞っていた。まるで実際に炎が上がっているようだ。炎が煙とともに舞い上がり、果てしなく天にまで昇っていくような幻想的な光景がみえた。炎に吸い寄せられた蛾も、この世ならぬ場所から集まってきたかのようにみえてくる。
こういう絵画はあまりみたことがない。炎の表現では、ふと伴大納言絵巻を思い出した。
印刷物やウェブでみた《炎舞》に興味がひかれていたのは確かだけど、実物は想像をはるかに上回る素晴らしさだった。個人の好みを超えて誰をも惹きつける力をもっていると感じた。
スポットライトの効果も多少あるのだろうけど、炎があまりに輝いているため、多くの人が蛾のように吸い寄せられ、照明の位置を確認したり、チラシで光を遮ってみたりするほどだった。

伝俵屋宗達《槙楓図》(17世紀前半)
伝俵屋宗達《槙楓図》(17世紀前半)。
《炎舞》の左には、御舟が影響を受けた琳派の祖の作品(伝がつくけど)。前期の展示では同じ場所に御舟の《名樹散椿》があって、この《槙楓図》との類似性が感じられる。
江戸時代のこの作品には、解説にあるとおり、リズムが感じられる一方で、とても静かな印象。それに対して《名樹散椿》では生命力あふれる動きが印象的だった。

速水御舟《翠苔緑芝》(1928年)
速水御舟《翠苔緑芝》(1928年)。
《炎舞》の右には、《名樹散椿》とともに琳派の装飾性と構成法を意識的に取り入れたという四曲一双の大作屏風。何かこの世のものでないような光景が広がっている。独創的な表現の紫陽花を中心に、枇杷や躑躅が効果的に配置され、黒猫と白兎の愛らしい存在感が不思議な味わいを生んでいる。二羽の兎は絵本にみるようなユーモラスなポーズで、鳥獣戯画を思わせる。

奥の部屋には、このほか、鈴木其一《四季花鳥図》(19世紀)や、いくつかの小品があった。そのなかでもこの作品には魅かれるものがあった。
岩佐又兵衛《官女観菊図》(17世紀前半)
岩佐又兵衛《官女観菊図》(17世紀前半)。
やわらかな濃淡で描かれ、画面全体に品がある。花が効果的に華やかさを添えている。

しばらくこの部屋で過ごした。椅子に座ったり立ったり、近寄ったり離れたりしながら、とくに《炎舞》《翠苔緑芝》《槙楓図》を何度も何度もいろんな角度から眺めていた。あまりの素晴らしさに本当に時間を忘れてしまっていた。


2019.09.17 Tuesday

スポンサーサイト

  • posted by スポンサードリンク|
  • -|
  • 03:15
  • -|
  • -

関連する記事
コメント
こんばんは。
TBありがとうございました。

後期にも既に行かれたのでね。
「四季草花下絵和歌短冊帖」や
「白芙蓉」などこれまた見応えある
品の良い作品出ていますね〜

今回は早めに行かなくちゃ。
っと思いつつ中々。。。
>Takさん、こんばんは。
スペースが限られていることもあるのでしょうが、前期と後期で総とっかえなので見ごたえがありますね。配分もよかったように思います。

いろいろ行くところがあると、いつ行くかというのはなかな難しいものですね。記事になるのを楽しみにしています!
  • キリル
  • 2007/06/18 11:09 PM
キリルさん、おひさしぶりです♪
先週の日曜日に私も山種の後期に行ってきました。
キリルさんも日本画がお好きなようですね。私もここ最近妙にハマッておりまして。近美の常設スペースが今もっとも至福の場所かもしれません。

山種の後期では私的には御舟の《炎舞》《翠苔緑芝》が特によかったですが、キリルさんの挙げられている松園の《牡丹雪》や又兵衛もよかったです。

TBさせていただきましたのでよろしくお願いいたいます☆
>chat_noirさん、こんばんは。

近美の常設展示はいいですね。結構ちょこちょこと変わりますし。
1年ほど前に絵をみるようになった頃は日本画のことはまったく頭になかったのですが、山種に出かけて以来大好きになりました。
御舟は本当に素晴らしいですね。琳派好きなので当然かもしれませんが。
  • キリル
  • 2007/07/07 12:16 AM
こんにちは。
本当に山種のこの奥の部屋の濃密な雰囲気には
時間が経つのを忘れました。
私は、翠苔緑芝に向けて、アプローチショット
したくなりました。
>一村雨さん、こんばんは。
狭いところが一層空気を濃密にしているのかもしれませんね(照明のせいもあるかもしれませんが)。
ゴルフはしないのでまったく思いつきもしませんでした。ゴルフされる方なら真っ先に浮かぶようなきれいな芝ということですね。
  • キリル
  • 2007/07/16 11:45 PM
こんばんは。

今頃やっと後期の感想アップしました。
ふーー。
>Takさん、こんばんは。
書くことがたくさんあって大変ですね!(と他人事のように)。
私はすっかり山種好きですので、だいたいが早目に行くことになりそうです。
  • キリル
  • 2007/07/18 11:48 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
山種美術館で開催中の 開館40周年記念展「山種コレクション名品選」展に行って来ました。 会期: 前期 2007年4月21日(土)〜6月3日(日) 後期 2007年6月6日(水)〜7月16日(月・祝) とっくに終了してしまった【前期】の感想です。 山種美術館にしては珍しく
  • 弐代目・青い日記帳 
  • 2007/06/17 11:27 PM
                              ・速水御舟《炎舞》1925年 昔は洋画にしろ日本画にしろ明治以降のいわゆ日本の近代絵画というものはとても退屈な気がしてまったく興味を持てなかったのですが、このところ人が変わったようにここらあたり
  • - CHAT NOIR -
  • 2007/07/06 2:24 AM
山種美術館で昨日まで開催していた 開館40周年記念展「山種コレクション名品選」展に行って来ました。 (前期の感想はこちら) 会期: 前期 2007年4月21日(土)〜6月3日(日) 後期 2007年6月6日(水)〜7月16日(月・祝) 作品リストは以下の通り。作品数は少
  • 弐代目・青い日記帳 
  • 2007/07/17 10:35 PM

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    キリる
  • モスクワの旅10(さようならモスクワ編)
    yuasa
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK