2017.06.11 Sunday

花*Flower*華

久しぶりに山種美術館を訪ねた。今回の企画展は、江戸時代から現代までの花を描いた作品たち。

さまざまな草花をみていると、こういうのはやはり日本画に限るなあ、と思う。もちろん好みのことである。派手でなく、素朴でデザインに昇華したような作品、そんなのが好きだ。

 

奥村土牛《木蓮》の深みのある美しい赤、小林古径《白華小禽》の淡くて、雑味を省いた構成。

酒井抱一や速水御舟はもちろんすばらしいし、杉山寧もとてもいい。みているうちに、ああ日本画ってすばらしいな、とじわじわと沁みてきて、とても豊かな気持ちになった。

 

今回、酒井鶯蒲という江戸期の絵師の《紅白蓮・白藤・夕もみぢ図》があったので、これはメモとして残しておこうと思った。

この名前を聞いたことはなかった(か、あるいは気に留めたことがなかったか)。琳派と現代をつなぐような、シンプルで端正な構成が魅力的だった。

 

いいものをみて、心に栄養をもらうと、生きる活力が湧いてくる。

JUGEMテーマ:アート・デザイン


2017.06.06 Tuesday

バベルの塔展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

早々に行けなくてすっかり遅くなってしまった、会期末が迫っているミュシャ展に狙いを定めていたが、そこは人気の展覧会、しかも日曜日という悪条件、一日中すごく混雑しているとの情報が伝わってきて、今の根性なしの状態では断念するしかない。で、予定を変更してこちらの展覧会へ。

(とはいえ、行ってからもう一週間以上が経過してしまった。)

 

 

ピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》、聞いていたとおり、想像するより結構小さい作品なので、拡大した映像や画像がなかったら、そのあまりに小さな人々の営みほとんどわからない。だけど、真ん中にどっしりと据えられたバベルの塔の存在感は、その小さな絵のなかでも際立っている。そして、美しい。たしかにこれは一生に一度は観ておきたい作品。

時代を経ながら天への登っていく塔はひとつの町。教会もあり、人々の暮らしがそこにはあった。解説にもあったように(たぶん)、ここで描かれているのは神に挑もうとした傲慢な人間の姿ではなく、むしろ天にも届くような強大な塔の建設に邁進する創意工夫にあふれた人間の姿に見える。人間賛歌とでもいうような。当然、正反対の見方もたくさんあるわけですが。

 

展覧会マスコットにもなっている《大きな魚は小さな魚を食う》の隅っこに描かれているモンスター。なんだこれは!というよりはひたすらユーモラスで愛らしい。ヒエロニムス・ボスの作品が出ているので、てっきりそうかと思うけど、これはボスに影響を受けたブリューゲル父の版画。おもしろいものです。

 

ボスとブリューゲルだけで満足だった。

 

ちなみに、大友克洋のバベルの塔を観るつもりにしていたのに、すっかり忘れて帰ってしまったことに、3日経ってから気がついた、という間抜けな管理人。もう一度行けるかなあ。

 

 


2017.04.29 Saturday

オルセーのナビ派展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

「オルセーのナビ派展:美の預言者たちーささやきとざわめき」三菱一号館美術館

 

オルセー美術館のナビ派コレクションからやってきた作品たち。3つの見どころとして挙げられているなかに、「日本で初めて本格的に紹介」とあり、たしかにナビ派作品を一堂に集めたのはなかなかなかったのかもしれない。けど、個々の作品はオルセー美術館展2010など、これまでいろんなところでみてきた。10年前にオルセーを訪ねたときの記事もよかったらついでにご覧あれ(あまり関係ないけど)。

 

   

 

ナビ派ってどのあたりまでがそうなのか、まだよくわかってないけど、好きなタイプの作品というのはわりとはっきりしていて、時期でいうと、1890年前後数年間のもの。

とくに好きなのが、ポール・セリュジエ《タリスマン(護符)、愛の森を流れるアヴェン川》。これはこれまで何回か観ていて、今回、今まで以上にその配色や構成の美しさに感心した。それと、モーリス・ドニ《磔刑像への奉納》。初見だったが、輪郭線できれいに色分けされた色と形のバランスに見惚れてしまい、小さな作品だけに隅々までしつこく眺めた。

ピエール・ボナールの掛け軸のような縦長の作品、たとえば《庭の女性たち》シリーズはどれも観ていて落ち着くし、フェリックス・ヴァロットン《ボール》やエドゥアール・ヴュイヤール《ベッドにて》のように、いつも何かしら発見のある作品も驚きだ。ドニの《ミューズたち》も魅力的で気に入っている。

いま挙げた作品はすべて1888年から1893年のあいだに収まるのだから、その頃の表現がとくに好きなんだろう。

 

目に見えるものと内面性を独特の描写をもちいて表現したナビ派の芸術を伝えるこの展覧会が、今後ますます注目されるであろうナビ派を本格的に紹介した先駆けとして、後に振り返られるものになっていればうれしいな。


2017.04.26 Wednesday

大英自然史博物館展@科博

世界最大級の博物学標本コレクションを誇る大英自然史博物館からやってきた標本たち。8000万分の約370って、ほんのちょっとじゃん! とはいえ、今回来日したうちロンドンで常設展示されているのは17点だけだというから、なかなか観られない標本ばかり。垂涎ものだ。

展示は標本の数々とともに、この博物館の歴史と意義、博物館や博物学に尽力した人々の紹介など、博物学を網羅する内容で、巡るうちにその価値が自然と理解できるような展示になっている。それにしても、ほんのこれだけの展示で、英国の往時の力のすごさがわかるし、それを現在も継続する文化的な力をひしひしと感じる。経済価値というひとつの側面だけで文化を位置づけるような政治家の発言があったりする国と比べたたりしたら申し訳なさすぎる。まあ、それほどの密度を感じたわけです。芸術・文化にお金を使わない、使わせない国って悲しい。

 

そんなこんなは置いといて、化石、植物、虫、魚、動物、それに絶滅した動物まで、古いものから新しいものまで、地球のあらゆるところから、なんかすごそうな標本が次から次へと目まぐるしく現れて圧倒される。ビーグル号にチャレンジャー号、ダーウィンにウォレス、この博物館の歴史がそのまま博物学の歴史といえそうなくらい。始祖鳥の化石とかサーベルタイガーの骨格とかをみると、なんか興奮物質が出た。

 

  

 

すばらしいものをたくさん観た流れで、よせばいいのに常設展に行ってしまい、大興奮のままシアター36○、ミュージアムショップと回って、ようやく外に出たところで、時間があったら東博の茶の湯展に行くつもりだったことを思い出し、時計を見ると、閉館30分前。一応東博の入り口まで歩いたけど、閉館時間は変わらず、諦めて帰りましたとさ。

 

大英自然史博物館展の前売券特典のポケットガイド、入場口でちゃんともらえました。

 

 


2016.05.05 Thursday

広重ビビッド

原安三郎コレクション「広重ビビッド」サントリー美術館

 

何がビビッドだって? それは見ればわかります。

本展に出品されている〈六十余州名所図会〉と〈名所江戸百景〉の原安三郎の浮世絵コレクションは、なかなかお目にかかれない初摺の、しかも早い時期のものだとのこと。つまり歌川広重と摺師が一体となってつくりだした奇跡の浮世絵ということであり、その色の再現性、発色の鮮やかさ、線の鮮明さ、まさに絶品の数々。とくに藍の色の濃淡が深い。ちょうど2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムでも藍が使われ注目されていることだし、しっかりと味わいたいところ。



〈六十余州名所図会〉
いきなり《阿波 鳴門の風波》に度肝を抜かれる。渦潮、波、空の繊細なグラデーション。そこから怒涛の大判錦絵三昧。参考にした絵図を大胆にアレンジしたり、後の〈東海道五十三次〉〈名所江戸百景〉につながる片鱗がそこかしこに。
なかでもよかったのは《美作 山伏谷》。東海道五十三次の《庄野 白雨》をおもわせる構図。雨は相当大胆な表現だけども。
《壱岐 志作》の雪景色も繊細で味わい深い。

〈名所江戸百景〉
大好きなシリーズなので、これまでも何度もみてきた。今までみてきたのがどの程度の摺なのかさっぱりわからないけど、本展のそれらが絶品なのは間違いないところ。
《大はしあたけの夕立》はその中でもとくに好き。以前にみたものよりグラデーションの微妙なところが鮮やかに表現されている気がする(気がするだけかもしれないけど、たぶん)。
《亀戸梅屋敷》の朱は最高に鮮やかで美しいと断言できるくらいにすばらしかった。
《王子装束ゑの木 大晦日の狐火》もこれまでよく見えなかった細かなところまでしっかりわかったので、やはり摺がすばらしいのだと思う。
猫がかわいい《浅草田甫酉の町詣》は5月25日からの展示替で。

このほか、葛飾北斎の幻のシリーズ〈千絵の海〉全10図、《神奈川沖浪裏》《凱風快晴》《山下白雨》といった代表作など貴重な展示もあって、あっという間に時間が過ぎていった。

作家と彫師、摺師がそれぞの精一杯の技術で表現しようとした浮世絵の世界をぜひご堪能あれ。
 

2016.04.03 Sunday

ボッティチェリ展@都美


いつか行こうと暢気に構えていたら会期末間近なことに気づいて、最後の土日を避けて金曜日の夜に慌てて駆け込んできた。
しかもちょうど桜が満開な上野公園を通り抜けるはめになって参ったなーと思いながらも、桜がみられてよかったし、みなさんも写真を撮ったり酒を飲んだり楽しそうだったので、こちらも殺伐とした気分にはなりませんでしたが。


この頃は、力を抜いて歩きながら、気になった作品をじっくりみるようにしている。とくにこういう展覧会だと、飽きてきたりもするし。いつもそうできるわけではなくて、先日の安田靫彦展みたいに、疲れるほど集中してしまうこともあるけど。

今回の展覧会のイチ押しはこちら。

《聖母子、洗礼者聖ヨハネ、大天使ミカエルと大天使ガブリエル》
表情や眼の色がボッティチェリらしく思え、美しいなと思いながら眺めて、キャプションに目を向けると、工房作品となっていた。ボッティチェリ作との説もあるらしいが、そんなことは関係なしにとても魅力ある作品だった。ヨハネや大天使たちにはモデルがいるんですかね。

チラシにもなっている目玉作品の《書物の聖母》はもちろんすばらしくて、構図、そして青と金の調和によって気品ある作品に仕上がっている気がした。

この2点をみるだけで出かけたかいがあったというものです。

2016.03.27 Sunday

安田靫彦展(東近美)

竹橋の東京国立近代美術館で「安田靫彦展」をみた。



大好きな作家のひとりだから、描線の美しさや品のよさのことなど過去に散々書いてきたので、もうあらためて書くことがない気がする。
とはいえ、これだけ大規模な展覧会なので、初見の作品も多く、あれもいい、これもいい、と目移りした。《遣唐使》なんて、十代であれだけのものが描けるものなのかと思いつつも、すでに安田靫彦らしさが現れていることに驚いた。

個人的には、歴史上の一場面をどういう気持ちを込めてどう構成しているか、という点にいちばん興味が惹かれる。なかでも余白がしっかりあって、余白に意味が込められた画面が好きだ。ぴっちりと描き込まれたのもそれはそれですばらしい作品がいくつもあるけど、余白の深さに比べると見劣りする。それだけ余白に意味や情景が感じられるのが安田靫彦の特長でもあると勝手に思っている。
《黄瀬川陣》などはまさにその代表的なもので、人物や物以外の、地面さえほぼ描かれていない空間があるからこそ、人物に集中することができ、場面の緊張感の高まりをもたらしている。当然、余白を活かす構図の完璧さがあるからだろうけど。とにかく文句のつけようがない。

今回いちばん気になった作品は《孫氏勒姫兵》。何よりも計算しつくされた構図と色に目を奪われ、そしてその動きと表情に奥行きを感じ、さらにやはり背景がないことによる場の緊迫感の高まりに強い印象を受けた。


もう本を置くスペースがほとんどなく、図録は買わないようにしているのだが、安田靫彦作品が100点以上掲載されているとなると、買わずにはいられなかった。

2015.09.13 Sunday

曜変天目茶碗に宇宙をみた!

サントリー美術館で「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」をみた。もう1週間以上前のこと。

曜変天目茶碗と日本の美

絵画好きで彫刻や陶磁器などにはそもそもあまり関心がないのに、なぜか《曜変天目茶碗》がみたくて出かけた。
ほかにもなかなか味わい深い名品がいくつもあったけど、何はさておき、これ。

曜変天目茶碗
《曜変天目茶碗》中国・南宋時代

曜変天目茶碗は世界に3点しかなく、そのうち3点が日本にあるとか。って、全部じゃん。ググってみたところ、この藤田美術館蔵のほかには、静嘉堂文庫と大徳寺龍光院にあるそうな。静嘉堂文庫蔵のそれは中でも最高のものとされているらしく、大徳寺龍光院のそれは地味だが美しいとか。
そしてこの藤田美術館の茶碗は唯一、外側にも曜変の斑紋が現れているとのこと。
ひと回りしてみたが、やはり展示正面からの景色が最高だった。左奥に天の川があって、まさにわれらが天の川銀河って感じで、吸い込まれそう。大袈裟でなく、自分が宇宙の一部であることを感じたような気がした。
この茶碗に日本酒を注いで飲んでみたらどんな気分になるのだろう。
展示には照明をはじめいろいろ気を使っただろうと思う。別の照明でみたらどんなふうにみえるのだろう、というかさまざまな景色を描き出すに違いない。
中国になくて日本にしかないこと、製法がよくわかっていないこと、狙って作ったのか偶然できたのかわからないこと、いろんな謎を秘めたミステリアスな逸品。お見逃しなきよう。

2015.08.29 Saturday

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展

 新国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展 FROM1989」をみてきた。チケットを持っていたのに、時間的余裕があるからと思っているうちに会期末目前になってしまっていて焦った。

ニッポンのマンガほか展

会期末目前の金曜日の夜、空いていたのでゆっくりみられた。

どういう展示なのか知らずに訪れたのだが、テーマを設けて各セクションでテーマに沿った意義ある作品を紹介する展示になっていて、それだけの展示なのに結構見応えがあって、意外に時間がかかってしまった(ほとんどゲームをしないので、ゲーム関係はさらっとみただけなのに)。

技術や手法、主題や時代性など、それぞれ何がその作品の評価になっていたかがわかるような展示になっていて、キャプションを読んだり、流れている動画を見たり、それは時間がかかるはずだ。
見逃していたけど気になっていた作品をみて、やはり見ておかないといけないと認識したものがいくつかあったのも収穫だった。
ただ、マンガについては、テーマを限っていたせいか、もっと幅広い視点でピックアップされていてもよかったのではと感じた(まあ、マンガもそんなには読まないけど)。
それと、「ニッポンの」とある以上、海外との関係性の視点がもう少し必要だったのではないかな。

誰もが、広い展示スペースで思い思いに眺めて、思い入れのある作品に懐かしさ感じたり、新たな発見をしたり、そんなふうに過ごしているようだった。18歳未満無料はあまり関係ないかもしれないが、全体的に若者が多かった。


ついでに、六本木、コンテンツつながりで、ひと月ほど前にみた森アーツセンターギャラリー「ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」の感想をちょっとだけ。
展示になんというか熱いものが感じられなくて、あっさりというか、中途半端というか、何をみせたかったのかイマイチ伝わってこなくて、物足りなかった。プラモ販促が目的かと疑いたくなった。
もちろん、安彦良和の原画を生で見られたので、それだけで十分でしたが。




2015.08.23 Sunday

舟越保武彫刻展@練馬区美術館

 練馬区美術館で開催中の「舟越保武彫刻展 まなざしの向こうに」をみてきた。

 

金曜日夜のBS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」で訪ねられていたのをみて、明けて土曜日にさっそく、混雑覚悟で出かけた。ちょうど15時からが記念コンサートも開かれるというので、展示をみてからコンサートという流れで時間を合わせていったところ、誰しも考えることは同じ、とても盛況だった。

美術では基本的に平面、つまり絵が好きで、彫刻にはそれほど関心がないのだが、TV番組をみて、実際にみてみたいと心から思えたので、その気持が消えないうちに行かなければ、彫刻をみるという珍しい機会を逃してしまうという気持ちで出かけたわけである。

舟越保武の彫刻は途中からカトリック信仰にもとづいた主題によって独自のスタイルを確立した。秀吉の命で磔の刑に処されたキリシタン殉教者たちを記念する《長崎二十六聖人殉教者記念碑》、島原の乱で殺害されたキリシタン農民が亡霊のような姿になった《原の城》、ハワイでハンセン病患者のケアに尽力したカトリック神父《ダミアン神父》などが代表作。どれも強い信仰心から触発されたことがうかがえる力強さをたたえていた。二十六聖人の記念碑もぜひ長崎で実物を目に焼き付けてみたい。

展示のなかで、もっとも感銘を受けたのが<第5章 静謐の美―聖女たち>。
砂岩(諫早石)で彫られた聖クララ聖セシリア聖ベロニカらの聖女たち。いずれも正面を向いた、ほぼ頭部だけの彫刻で、魅力的な白っぽい石に悲しみや憂いをたたえた表情に心が揺さぶられるのを抑えることができなかった。

その後、病気により右半身不随となってから利き腕でない左手で続けた制作。洗練された彫りではなくなったが、荒々しさとマッチした主題を選ぶことによって新たな力強さを獲得したように感じた。

そして忘れてはならないのが船越のエッセイなどの文章。舟越が自分の作品たちについて残した文章が、どれも情感豊かで詩情あふれるもので、とにかく心をうつ。これら文章が彫刻作品とともにあることで、そこに込められた想いがひしひしと伝わってきて、間違いなく作品と向き合う一助となった。

そのあとに開かれた「開館30周年記念 舟越保武彫刻展記念コンサート」。2階で聴いたが、吹き抜けのホールのおかげで音がよく響いてすばらしかった。バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻第1番プレリュード、シューベルト/アヴェマリア、それにビゼー/「歌劇カルメン」よりセギディーリャ、ハバネラなど。小池ちとせの弾くスタインウェイのスクエアピアノのどこか懐かしい穏やかな音、河野めぐみの張りのある美しいメゾソプラノを堪能した。ありがたいことです。


CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ENTRIES

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 栄西と建仁寺@トーハク
    キリ
  • 栄西と建仁寺@トーハク
    奈良県PR担当の油井と申します
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    キリ
  • タルコフスキー『ストーカー』をめぐるいくつかのこと
    あべ
  • 2011年の美術展ベスト5
    AR
  • 2011年の美術展ベスト5
    はろるど
  • 歴史を描く@山種美術館
    AR
  • 歴史を描く@山種美術館
    遊行七恵
  • 2010年の美術展ベスト10
    AR
  • 2010年の美術展ベスト10
    すぴか

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND

LINKS

PROFILE

twitter

スマートフォン

OTHERS

MOBILE

qrcode

POWERED

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSORED LINK